ビューティ

LVMHフレグランスブランズが採用時の性別記載や写真添付を廃止 グループのコスメブランドでは初

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」「ケンゾー(KENZO)」を展開するLVMHフレグランスブランズは、採用活動のプロセスで応募者がエントリーする際に提出する履歴書などの書類において、性別、婚姻状況、生年月日の記載や写真の添付を求めない取り組みを9月から開始した。インクルーシブな雇用の強化が狙いで、LVMHグループのコスメティックブランドでは初めて。応募する側の心理的不安を減らし、アイデンティティーと多様性を尊重した採用プロセスを推進する。

 LVMHグループは2018年3月にグループ全体のダイバーシティとインクルージョンの取り組みを策定。「ジバンシイ」では21年から2年連続でプライド月間におけるLGBTQIA +活動を支援しており、NFT(非代替性トークン)アート作品を制作し、売り上げをLGBTQIA +の若者(15〜30歳)を支援するフランスの団体「ル・マグジュン」に全額寄付している。日本でも「ジョブレインボーLGBT仕事博 2020」に出展するなど、ジェンダー平等やLGBTI +権利、多文化共生、障がい者雇用等、多様性を前提とする採用方針を発信している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。