ファッション

ヨウジヤマモトが路面店の出店強化 南青山に新店舗

 ヨウジヤマモトは、青山本店の向かいの立地に国内2店舗目となる直営の路面店、ヨウジヤマモト 2(Yohji Yamamoto 2)を9月17日にオープンする。店舗は地上1階と地下1階の2層構造で、売り場面積は約160平方メートルだ。初年度の売り上げ目標は非公表。

 同店は時期によって取り扱いブランドを入れ替える新業態で、オープン時はホワイトのシャツをそろえる新ブランド「パワー オブ ザ ホワイト シャツ(POWER OF THE WHITE SHIRT)と「リミ フゥ(LIMI FEU)」をそろえる。また、公式オンラインストアと連携した機能を初めて導入しており、商品タグからECサイトにアクセスし、情報を見ることができる。

 店舗は山本耀司デザイナーが監修し、内装は編集者の野村訓市がデザインを、写真家のTAKAYがビジュアルクリエイションを担当した。内装のテーマは“浮遊感”。店内の吊り式のハンガーラックは可動式で、商品の内容によってレイアウトを変えることができる。地下1階では大型ディスプレイにTAKAYが撮影・セレクトした写真を映し出し、エントランスには山本デザイナーの愛犬、凛のマネキンをディスプレイした。また店内のBGMには、同店のためだけに編集したという山本デザイナーによるギターの演奏を採用している。

 同社は今後、路面店の出店を強化していく。現在、運営している国内2店舗とパリ、ロンドンに加えて、来月には大阪とニューヨークにも出店する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。