ビューティ

大丸心斎橋が7階ビューティ売り場再編 “ニューラグジュアリー”層を狙う

 大丸心斎橋店は、本館7階のビューティフロアを“ニューラグジュアリー”層を取り込む売り場として、2024年を目処に再編集する。

 19年にリニューアルした同店は、ビューティフロアを本館の1階と7階に設け、1階では建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)による“圧倒的な美の空間”で、国内外の45ブランドを展開している。7階は、グリーンを施した空間でナチュラル系ブランドを中心に17ブランド・サロンを集積していたが、今年から段階的に新ブランドを導入。2月に美容機器やコスメを展開する「アーティスティックアンドシーオー(ARTISTIC&CO.)」、3月に韓国発のスキンケアブランド「ボノトックス(BONOTOX)」やヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)から誕生した「V&A ビューティ(V&A BEAUTY)」などをそろえるショップ「ビエンス(BIENCE)」と「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」をオープンした。8月4日にはトレーニングブランド「シックスパッド(SIXPAD)」、8月29日にはファスティング専門店「エステプロ・ラボ(ESTHE PRO LABO)」のオープンを控えている。

 年々、拡大するウエルネス市場を背景に“ウエルネス・ビューティ”ブランドの拡充を推し進める。大丸 大阪・心斎橋店 営業2部 店舗開発担当の篠丸由紀氏は、「これまでの美の捉え方が変化し、外見の美しさだけではなく、肉体美や心の健康美といった『3つの美』を兼ね備えた美しさがビューティであると定着してきた。世界のウエルネス市場は近年においては約500兆円規模と言われており、ビューティも大きく影響している」と話す。

 一方で、海外の高級百貨店ではウエルネスとビューティを融合した売り場を展開するが、日本では依然として遅れていると分析。大丸心斎橋店は富裕層からも厚い支持を集めており、ラグジュアリーストアと位置づけていることから、7階ビューティフロアにおいても「“ニューラグジュアリー”にフィットしたラグジュアリーなウエルネス・ビューティブランドを誘致し、30~40代の若年富裕層客の獲得を狙う」と意気込む。

 関西エリア初の直営店として2月にオープンした「アーティスティックアンドシーオー」は、主力の美顔器“ドクターアリーヴォ ゼウス”(税込22万円)を筆頭に、“ミスアリーヴォ ザ レイス”(税込15万4000円)など高価格帯の美顔器をそろえており「売れ行きは好調だ」という。同ブランドは日本以外にも、中国や韓国、アメリカなどで販売を行なっており、ライブコマースでブランド知名度を広げている。昨年11月には、中国で開催した「ダブルイレブン(独身の日セール)」で目標売り上げの50億円を上回る記録を達成した。国内では、旗艦店をギンザ シックス(GINZA SIX)や松坂屋名古屋店などに展開し、大丸心斎橋店は5店舗目となる。今回の出店は「美顔器を実際に手に取って体験してもらいたい」という願いから、トリートメントが受けられる施術ルームを完備し、常駐するビューティアドバイザーが、一人一人に合った商品や手入れの方法などを提案する。篠丸氏は「まさに“ニューラグジュアリー”層にフィット。お客さまにも好評だと聞く」と話す。

 8月4日にオープンする「シックスパッド」は、女性に特化したコンテンツや商品をラインアップする。最短10分で高効率のトレーニングが自宅でできるEMSオンラインジム「シックスパッド ホームジム(SIXPAD HOME GYM)」専用のパワースーツ(税込11万8800円)や専用のバイク(スタンダードモデル税込13万2000円、ハイエンドモデル税込49万5000円)などを揃える。専門のトレーニングアドバイザーが常駐し、体組織計測定器を使用したトレーニング結果の可視化や食事面のアドバイスなど一人一人のトレーニングに寄り添い、カウンセリングする。なお、「エトヴォス(ETVOS)」跡地にオープンする。

 8月29日にオープンする「エステプロ・ラボ」は、管理栄養士や専門資格者などのプロカウンセラーが「専任担当」として一人一人の美容や健康に関する悩みに寄り添い、オーダーメイドの食事習慣・ライフスタイルを提案する。同ブランドを代表する酵素飲料“ハーブザイム 113 グランプロ”シリーズ(3種、500mL、税込各1万152円)や酵素ファスティングアシスト食“ファストプロミール ファスティングプログラムセット”(12食入り、税込7927円)などサロン専売品を発売する。また、店内にはスイソニア(水素吸入機械)も設置する予定だ。7月に、1階のイベントスペースで1週間のポップアップショップを開催したところ「いま注目されているブランドでもあり、幅広いお客さまから支持を集めた」(篠丸氏)と7階の常設店にも期待がかかる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら