ビジネス

プレステージ シャンパーニュ「クリュッグ」が初のポップアップを六本木ヒルズで開催 ミニシアターで味わう音楽とのペアリング

 プレステージ シャンパーニュ「クリュッグ(KRUG)」は6月18~25日、東京・六本木ヒルズ 大屋根プラザで体験型ポップアップイベント“クリュッグ スタジオ(KRUG STUDIO)”を開催する。同ブランドがポップアップイベントを開催するのは初めてのこと。

 「クリュッグ」が1843年の創業以来、舌で感じる味わいと耳に響く音響が共鳴すると考え、同ブランドのシャンパーニュの魅力を音楽で表現するプロジェクトを世界各国のアーティストと行ってきた。音楽とシャンパーニュのペアリングによる取り組みを“クリュッグ エコー”と名付け、その一環として“クリュッグ スタジオ”を開催。

 会場には、外にラウンジが設けられ、スタジオの中は、まるでミニシアターのよう。“クリュッググランキュベ170エディション(以下、170エディション)”をテイスティングしながら、ベルギー出身の作曲家であるオザーク・ヘンリー(Ozak Henry)が手がける音楽を「クリュッグ」の公式パートナーである音響ブランド「デビアレ(DEVIALET)」のファントムスピーカーで楽しむことができる。また、抽象画のような映像が音響と相まって聴覚・味覚・視覚で楽しめるようになっている。“170エディション”は、12年間、異なる年の195種類のワインをブレンドしてできたシャンパーニュ。古いものは1998年、若いものは2014年のワインが使用されている。ほのかな金色ときめ細やかな泡、そして、花々やドライフツーツなどを感じさせる奥深い味わいが特徴だ。

 ポップアップの1セッション30分で、料金は税込7000円。予約は“クリュグ スタジオ”の公式サイトで受け付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。