ファッション

ワコールHD営業黒字に転換 22年3月期、欧米事業が急回復

 ワコールホールディングス(HD)の2022年3月期連結業績(米国会計基準)は、営業損益が50億円の黒字だった。前期の11億円の赤字から転換した。米国・欧州事業がコロナ前を上回る業績を達成し、国内の中核会社ワコールの損失を補った。投資有価証券の評価損を計上したため、純利益は前期比34.4%の46億円だった。

 売上高は同13.6%減の1728億円。前々期(20年3月期)の1868億円には及ばないものの、約207億円の増収だった。国内ワコール事業の売上高は881億円で同2.3%の増収にとどまったのに対し、海外ワコール事業が596億円で同44.3%の大幅増収を記録した。

 ピーチ・ジョン事業は売上高が同2.7%増の125億円、営業利益が同3.8%増の16億円。前期に比べて巣ごもりによるEC(ネット通販)需要は落ち着いたが、話題性のある商品企画で引き続き高い利益水準を確保した。

 今期(23年3月期)から国際会計基準に切り替える。これまでの実績との単純比較はできないが、今期の業績予想は売上高2050億円、営業利益65億円、純利益55億円とする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら