ビューティ

「デュオ」からメンズライン誕生 毛穴・皮脂・炎症に着目

 プレミアアンチエイジングのエイジングスキンケアブランド「デュオ(DUO)」から5月10日、メンズスキンケアライン“デュオメン(DUO MEN)”がデビューする。男性ホルモンの影響を受けている男性の肌悩みに着目し、バーム状の洗顔料とオールインワン化粧水の2品をそろえる。

 「デュオ」は、男性ホルモンの影響を受けている男性の肌悩みには専用のコスメが必要だと考え、“デュオメン”を立ち上げた。毛穴や皮脂など、もともと持ち合わせている肌の特徴にも日々のシェービングやストレス、加齢などによる後天的な影響にも男性ホルモンは複雑に絡み合っているという。そこで、男性が抱える肌悩みの根本原因に迫り、触覚、嗅覚、視覚にもアプローチするアイテムを開発した。

 洗顔料“ザ ウォッシュバーム”(90g、税込3960円)は、固まってしまった皮脂や古くなった角質を落とす力が強いバームを採用。ピート由来の炭と国産のクレイを配合し、男性ホルモン由来の角質肥厚や活発な皮脂腺などが影響する毛穴汚れを落とす。また、無意識に強い力で肌の摩擦を起こしてしまわないように、指の力を吸収する摩擦軽減テクスチャーが特徴。環境にも配慮し、捨てられる素材を原料化した「ひえぬかオイル」や生分解性ワックスを使っている。

 化粧水“ザ オールインワンローション”(130mL、税込3630円)は、男性の肌の炎症に着目。シカ成分や和漢成分、グリチルリチン酸ジカリウムなどの複合成分で抗炎症にアプローチ。さらに不足しがちな栄養素であるミネラルMIXやビタミンMIX、肌に必要なアミノ酸のタウリンなどを黄金比率で配合する。2アイテムとも6種の精油をブレンドしたナチュラルノーブル調の香り。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら