ファッション

タフでセクシー! 今季はコルセットやビスチエが注目アイテム【徹底解説・2022-23年秋冬コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022-23年秋冬シーズンは、22年春夏に台頭した“女性性の解放”から一歩進み、“新たな女性性を探求”する流れが目立った。そのキーアイテムとして多くのブランドが取り入れたのが、現代的に再解釈したコルセットやビスチエだ。

 「バルマン(BALMAIN)」を率いるオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)=クリエイティブ・ディレクターは、胸元や肩にパディングを施したトップスを披露。防具とコルセットが一体になったかのような、タフでいてシックな作品は、モトクロス競技のギアに着想を得たという。また、金色のメタルプレートにふわふわとした素材を組み合わせたアイテムは、SF映画のような未来的な雰囲気を感じさせる。

 「ディオール(DIOR)」のマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターは、アメリカンフットボールの防具を想起させる肩パッドや甲冑のようなビスチエ、コートやワンピースの上からウエストラインをマークするコルセットなどを発表。これらのパーツには、体の湿度を管理し、必要な際に温めるシステムが搭載されているという。長い歴史を誇るメゾンならではのクラシカルな美しさに、革新的な技術を融合して機能性や防護機能を加えた。

この続きを読むには…
残り183⽂字, 画像24枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら