ファッション

H&M創業家による第6回「グローバル・チェンジ・アワード」 地球によい影響を与える受賞者5組を発表

 スウェーデンのH&Mヘネス・アンド・マウリッツ創業家一族による非営利財団、H&Mファウンデーションが、第6回「グローバル・チェンジ・アワード」の5組の受賞者を発表した。同アワードは「ファッションを地球によい影響を与えるものに変革する」ことを目的に、“ファッションのノーベル賞”を目指して同財団が2015年にスタート。第4回では、廃棄のないパターンメーキングなどに取り組む川崎和也主宰のシンフラックスも受賞している。

 今回受賞したのは、英国の「BioPuff by saltyco」(農地化された土地を修復すると共に、水鳥の羽根のダウンに代わる植物素材を生産)、スウェーデンの「BIORESTORE」(古着や使用済み衣類を新品に近しく洗いあげる洗濯のソリューション)、インドの「CottonAce by Wadhwani AI」(小規模綿農家に向けに開発した、AIを活用した農薬削減とそれによる支出抑制のプログラム)、中国の「Re:elastan」(ポリウレタンとポリエステルの混紡繊維をリサイクル可能にする技術)、米国の「Rubi」(温室効果ガスを原料とするレーヨンとリヨセルの生産)の5組。

【受賞者のプレゼンテーションから】


 
 5組には賞金100万ユーロ(約1億3500万円)が分配されるほか、H&Mファウンデーション、アクセンチュア、スウェーデン王立工科大学、ミルズファブリカ(the Mills Fabrica、香港の素材メーカーを母体とするサステナビリティ関連のイノベーションカンパニー)などによる1年間のメンタープログラムが提供される。

 受賞アイデアが業界全体のイノベーションにつながることを目指し、H&Mファウンデーションは受賞アイデアに対し知的財産権などは一切保有しない。受賞者はH&M以外も含め、さまざまなブランドや企業とパートナーシップを組むことが可能となっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。