ファッション

投資ファンドと組み再建を目指すストライプ 張替専務に聞く「3〜5年後にIPO」のシナリオ

有料会員限定記事

 ストライプインターナショナル(以下、ストライプ)が、投資ファンドのティーキャピタルパートナーズ(以下、ティーキャピタル)からの出資を受け入れると発表した。セクハラ報道を受けて、2020年3月に創業者の石川康晴社長が辞任。その後はコロナ禍の影響も大きく、中国事業から撤退、複数ブランド・サービスを休止するなど、事業リストラを進めてきた。ティーキャピタルと二人三脚で再建を進め、以前から目標としていたIPO(株式公開)を3〜5年後に目指すという。ストライプとティーキャピタルの担当者に聞いた。

WWD:ティーキャピタルから出資を受けることに至った経緯は。

張替勉ストライプインターナショナル専務取締役管理統括本部長兼CFO(以下、張替):当社がIPOを目指しているということは、15年ごろからさまざまな場面で発信してきた。しかし、20年の中国事業撤退、22年の「ホテル コエ(HOTEL KOE)」の閉館などからもわかるように、採算が厳しい事業もあり、さらにコロナ禍(による店舗の休業・営業時間短縮など)が追い打ちをかけた。業績を上向かせるのが難しい中で目指してきたIPOを実現するためには、これまでの体質から何かを大きく変えなければいけない。従来は自社の株の圧倒的多数を創業者で前社長の石川(康晴)が持っていたが、そこからの脱却の必要性を感じていた。石川に関しては2年前に報道※もあった。そういった部分でもかつての会社のあり方から脱却し、新生ストライプを目指そうと考えていた。1年半ほど前から議論を重ねてきて、(タッグを組む相手の候補としては)さまざまな選択肢があった。その中で、アパレル・小売りのビジネスに精通していて、われわれのことを理解し最も高く評価しくれた相手、IPOを目指すという目標も合致した相手がティーキャピタルだった。ティーキャピタルと組むことを内々に決めたのは21年の5月半ば。22年3月11日に正式に発表することができた。

※一般紙などで石川前社長の販売員へのセクハラ疑惑が報じられ、その責任を取るという形で石川前社長は20年3月6日付で辞任した。

WWD:ティーキャピタルはストライプのどういった点を評価したのか。

この続きを読むには…
残り4051⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら