ビューティ

完全栄養プロテインでタンパク質強化のススメ 【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回はSNSでも話題の「おいしい・安心・大満足」のプロテインについて。

 ビタミンやミネラルは積極的に摂取しているのに、すっかりおろそかにしていた栄養素があった。それは、タンパク質。「お肉や大豆をしっかり食べているから大丈夫!」と思っていても、1日の必要量は想像以上。それを知ってから日常的にプロテインを摂取するようになったのだが、味が苦手、体質に合わない、内容に納得できないなど、なかなか「これだ!」というものが見つからなかった。そんな中、ようやく「おいしい・安心・大満足」という三拍子そろったプロテインにたどり着くことができた。SNSでも話題の“完全栄養プロテイン”を紹介したいと思う。

31種類の栄養が1食にギュッ

 植物性ウェルネスプロテイン「コレダケ(KOREDAKE)」。 味は、ピーチ、アーモンド、ミルクティーの3種類。管理栄養士監修のもと、女性が1食に必要な31種類の栄養素が全て含まれているというなんともありがたいプロテインである。毎日の食事ではとても摂取しきれないタンパク質をはじめ、食物繊維やビタミン・ミネラルがギュッと詰め込まれている。原材料には国産ソイプロテインを100%使用。さらに、白砂糖や人工甘味料、グルテンにGMOもフリーと、8つのフリーを実現。1食あたり178kcalと、低糖質・低カロリーかつ安心してつくられた充実具合に感動。しかも、とっても美味しい。これは健康オタクもうなりますわ……!ちなみに、「コレダケ」の1食に含まれる栄養素を食品で換算した場合、タンパク質は卵3.5個分、食物繊維はレタス3個分、ビタミンCはレモン4.5個分、鉄は牛肉2枚分と、途方に暮れてしまう量。これを毎日・毎食摂取しないといけないと考えると、食事のみでまかなうのはもはや至難の業。だから、こうして手軽に取り入れられることって大事なのだ。

画期的!シェーカーいらずのプロテイン

 1日に必要なタンパク質の量を考えると3回はプロテインを飲みたいのだけど、粉とシェーカー、必要に応じて飲み物も持っていかないといけないのがちょっと面倒くさい。そんな中、ありそうでなかった画期的な商品が登場した。それが、先月発売したばかりのシェーカーいらずのプロテイン“シェイクパック”。1食分が個包装になり、定番の味に加えて季節限定のカカオ味がセットに。たいがい大容量で販売されているプロテインは、一つ買うとそれを飲みきるまで次の味にいけないもどかしさがあった(だってもったいないし)。いろいろな味が楽しめるセットは、まず試してみたいという人にも、健康オタクへの贈り物にも喜ばれそうだ。カバンに入るサイズ感なので、出張や旅行、仕事現場にも持ち運べる便利さ。パックを開け、水やミルクなどをいれてシャカシャカ振れば完成。国産の竹の間伐材を使用した竹ストローつき、おしゃれなパッケージには植物性のインクを使用するというこだわりも。

 “いつでも、どこでも、好きなタイミング”でプロテインの補給。小腹が空いたとき、忙しくてご飯が食べられないとき、はたまた食べ過ぎた翌日の1食置き換えに。日常のあらゆるシーンで大活躍の「コレダケ」。ちなみに、名越のお気に入りはピーチ味。運動後の健康的なデザートとしても重宝している。

体と向き合うことは、自分と向き合うこと

 頭や言葉で自分をごまかせても、体は嘘をつけない。無理が続くと必ず体からSOSが発信されるし、急にガタがやってくる(とほほ……)。今の自分には何が必要で、何が不足しているのか。体にちゃんと向き合うことは、今の自分を深く見つめ直し、向き合うことと同じ。一生付き合う自分の体、どうせなら楽しく健康的に過ごせるよう大事に労ってあげたい。とはいえ、頑張りすぎると続かない。必要な栄養は「コレダケ」に任せて、自分らしいバランスで過ごしましょ♪

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら