ビューティ

エアーエンターテイメントが美容と医療で美をプロデュースする“リバーステーション”をオープン

 美容室「air(エアー)」を全国で運営し、美に関する事業を展開するエアーエンターテイメントは、東京・麻布十番に美の総合プレイス“リバーステーション”をオープンした。

 ここでは“新しい自分へ 生まれ変わる為の出発地”をコンセプトに、食・髪・肌・体内・心身など多角的に美へのアプローチを展開。「心身ともに健康であることがその人のもつ本来の美しさであり、美容と医療のダブルプロデュースによる最適な美しさを提供する」ことを目的とした新規事業展開の拠点とする。

 具体的には、2~3階ではヘアサロン「エアーアザブ(air-AZABU)」が、5階では再生医療をベースに第一線で活躍する医師が集うプライベートクリニック「シゼンクリニック」が、4階では髪・頭皮のヘアケアマイスターと美容・再生医療のドクターが施術するコラボレーションサロン「チャージ」がゲストを出迎える。

 1階はブレスラウンジで、美容と健康にフォーカスした商品を自由に試せる体験型ストアと、ドリンクを飲みながらじっくり美容トークができるカフェスタンドを併設している。ブレスラウンジに在籍するカウンタースタッフは専属のアンバサダーで、身近なビューティアイコン的存在として“リバーステーション”の魅力を伝える。

 “リバーステーション”の名は、再生・復活を意味する「リバーズ(Rebirth)」と、ここから始める・たどり着く場所・交差する地点といったイメージを連想させる「ステーション(Station)」を掛け合わせたもの。各フロアには美のエキスパートがそろい、美容と医療の可能性を提案する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら