ファッション

ゴールドウインがポリ乳酸素材のスタートアップ企業に出資 非石油原料のアパレル製品の開発加速

 ゴールドウインは25日、ポリ乳酸(PLA)繊維のスタートアップ企業のバイオワークス(BIOWORKS)と資本提携を締結したと発表した。出資額は非公開。バイオワークスはとうもろこしなどを原料とし、独自の改質剤で強度などを高めたPLA繊維「プラックスファイバー(PLAX FIBER)」を開発しており、ゴールドウインは「プラックスファイバー」を使った製品を、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」を始めとする自社製品に使用、2023年から販売していく。ゴールドウインは非石油由来素材への置き換えを積極的に進めており、15年には同じく素材スタートアップのスパイバーにも約30億円の出資を行っている。

 PLA繊維は1999年にはユニチカが量産に取り組んでいるが、とうもろこしやさとうきびを原料としており、非石油由来であることやカーボンニュートラル、生分解性などの特徴が、サステナビリティーへの関心の高まりにより、再び注目されている。

 バイオワークスは、スパイバーと同様にユニコーン(創業10年以内で株式評価額が1000億円を超える未上場企業)であるTBMの子会社。2015年設立で、研究開発を基盤とする京都のインキュベーション施設のけいはんなプラザラボに本社を構える。資本準備金を含めた資本金は10億1292万円。同社は独自に開発した改質剤で、従来のPLA繊維に比べ、耐熱性や強度、染色性を高めており、よりアパレル製品への適用性を高めている。

 今回の資本提携により、バイオワークスとゴールドウインはPLA繊維を使ったアパレル製品の開発を加速。バイオワークスはこれまでタオルやルームウエアだった用途を、ハイスペックなスポーツ・アウトドア分野にも拡大する。ゴールドウインは2030年までに製品を90%以上を環境負荷低減素材にすることを掲げており、ポリエステルなどの石油由来素材の代替を加速している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら