ビューティ

トイレで生理用ナプキンを無料提供するサービス「オイテル」に小林製薬が参画

 個室トイレで生理用ナプキンを無料提供するサービス「オイテル(OITR)」を展開するオイテルはこのほど、社会課題の解決に向けたソーシャルグッド・パートナーとして小林製薬が参画すると発表した。全国に設置されている約1000台の「オイテル」で、1月17日から小林製薬の生理用医薬品「命の母ホワイト」の動画広告を配信している。

 「オイテル」は、商業施設やオフィス、学校、公共施設などの女性個室トイレに生理用ナプキンを常備し、無料で提供するサービス。ディスペンサーに備えられたデジタルサイネージを通じて広告配信を行い、その収益で生理用ナプキンの無料提供を実現している。このようなエコシステムにより、同社は「ジェンダーギャップ」の社会課題の解決を実現し、サステナブルな社会の創出を目指している。

 そして今回、広告出稿企業として小林製薬が参画。オイテルでは「オイテル」設置導入企業やスポンサー企業、広告出稿企業を“ソーシャルグッド・パートナー”と呼び、これらソーシャルグッド・パートナーを増やすことで「トイレットペーパーと同様にトイレに生理用品が常備される社会」のインフラを構築していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら