ファッション

締切間近!「小売業の未来に向けたヒントとは?」 米国・中国・欧州の最新事例から学ぶ全3回オンラインセミナー

 「WWDJAPAN」は、「米国・中国・欧州の最新リテール事業〜ファッション&ライフスタイル販売戦略のヒント〜」と題したオンラインセミナーを2022年1月21日から全3回にわたって実施します。

 ライフスタイルや働き方の変化によって、消費のデジタルシフトがますます加速しています。小売り各社はOMO(オンラインとオフラインの融合)を軸に、新しいビジネスモデルの構築を急いでいるところです。

 本セミナーでは、小売業の進む方向を、米国・中国・欧州の3エリアの先進事例を解説します。巨大企業やスタートアップ企業が入り混じってダイナミックなDXを進める米国(第1回 1月21日)、ライブコマースやAIを駆使した独自の変革を遂げる14億人市場の中国(第2回 1月28日)、リニューアルや新施策で実店舗の価値創造に取り組む欧州(第3回 2月4日)について、現地駐在の専門家が分析します。日本の小売業も取り入れるべき事例と販売戦略の未来像を探ります。


<第1回>1月21日(金)13:30~15:00
「小売りのデジタル革命 アメリカの先端事例を知る」

 小売業の先端を走る米国では、ウォルマートとアマゾンの2大流通企業が実店舗とネットの枠組みを超えた新しいプラットフォームで覇権を競っています。またD2Cやサブスクなどのスタートアップの有望株たちが、新しいエコシステムを作り上げようとしのぎを削ります。米国流通を30年にわたってウォッチする鈴木氏が最新の話題を詳しく解説します。

・ウォルマートとアマゾン
・服も化粧品も1時間で届ける宅配競争
・D2Cが第2の局面 店舗運営代行会社の出現
・AR・VRで試着が変わる
・アメリカ流の体験型売り場
・その他 IKEAのグローバル戦略など

講師:鈴木敏仁(コンサルタント)
 東京都北区生まれ、早大法学部卒、西武百貨店を経て渡米、在米年数は30年以上。業界メディアへの執筆、流通企業やメーカーによる米国視察の企画、セミナー講演が主要業務。年間のべ店舗訪問数は600店舗超、製配販にわたる幅広い業界知識と現場の事実に基づいた分析による情報提供がモットー

<第2回>1月28日(金)13:30~15:00
「日本企業の商機はどこに 中国小売業、驚くべき変化のスピード」

 コロナからいち早く回復した中国市場。背景にはリアル店舗とECを連動させた周到な戦略変更があります。またライブコマースの飛躍的な成長、中国のナショナルブランドなど、Z世代を中心にした新しい動きも活発です。新疆綿問題など政治リスクをはらみながらも、世界市場の中で無視できない成長を遂げる中国。VMDの専門家として現地アパレルに深く入り込む内田氏の解説は必見です。

・急成長するブランド、復活したブランドの手法
・巨大市場ライブコマースの裏側
・重要性を増す「爆品開発」
・日系、欧米系アパレルの中国攻略 
・その他

講師:内田文雄(コンサルタント)
 福岡県福岡市生まれ。ワールドで22年間のVMD経験、1993年に上海交通大学留学、上海駐在を経て、その後はアジア事業で海外を飛び回る。2005年ユニクロへ転じ、国海外の大型店、旗艦店などのVMDを手がける。2011年、独立して上海に拠点を移す。中国のアパレル、小売企業に対しての商品企画からマーケティング、VMDまで一連の実務指導、セミナー講演を行う

<第3回>2月4日(金)13:30~15:00
「売り場を名所にするプロデュース力 欧州の百貨店が競う情緒的価値」

 時代に合わせて変化を続ける欧州ファッション。パリではLVMH傘下の老舗百貨店サマリテーヌが16年ぶりにリニューアルオープンするなど、新スポットも生まれています。従来は海外出張のたびにギャラリー・ラファイエット、ル・ボン・マルシェなど有力店を視察していた日本の業界人も多いはず。ポストコロナの時代、そうしたファッションの精鋭店が打ち出す実店舗の価値とは。

・パリ サマリテーヌ、リニューアル後の今
・ギャラリー・ラファイエットなど有力店が打ち出す売り場の価値
・ユニクロのパリ グローバル旗艦店と新店リヴォリ店の様子
・サステナビリティ意識の売り場への落とし込み方

講師:藪野 淳(「WWDJAPAN」欧州通信員)
 1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、2012年から「WWDJAPAN」編集記者として、クリエイションからビジネスまでを取材。パリコレやミラノコレをはじめ、デザイナーズブランドやレザーグッズ、新人発掘、インポーターなどの分野を担当する。17年9月からはドイツ・ベルリンに拠点を置きつつ、ヨーロッパのさまざまな都市を訪れ、ファッションに関する記事執筆や翻訳を手掛けている。20年2月から「WWDJAPAN」欧州通信員

【受講料】
<一般価格>
全受講:33,000円/1名(税込)
選択受講:13,200円/1名(税込)

<定期購読(スタンダードプラン)30%OFF>
全受講:23,100円/1名(税込)
選択受講:9,240円/1名(税込)

<ライトプラン10%OFF>
全受講:29,700円/1名(税込)
選択受講:11,880円/1名(税込)


※新型コロナウイルスの現地感染状況により取材が困難な場合は、実施を延期または中止とする場合がございます。ご了承ください。
※セミナーが中止となった場合は、全額ご返金させていただきます。
※内容は予告なく変更する場合がございます。
※お申し込み、お支払いはPeatixでのお手続きとなります。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら