ファッション

パリコレ復活で華やぐストリート 旬の着こなしは色柄使いと肌見せで

 2022年春夏シーズンのパリ・ファッション・ウイークが9月27〜10月5日に開催された。多数のブランドがリアルなショーを復活させ、欧米間の渡航も容易になり始めていることから、街は多くの来場者で活気を取り戻した。屋外でのマスク着用義務は解除されており、ストリートでは人々が満面の笑みで再会を喜び、ハグやビズを交わす光景が見られた。

 来場者のスタイルは、フーディーやスエットパンツといったストリートウエアは少なくなったものの、代わりとなるような大きなトレンド、スタイル、アイテムは見当たらなかったのが今季の特徴だ。ひさしぶりの華やかなイベントへの参加とあって、色や柄を使ったり、露出度の高いウエアで肌を見せたりと、ドレスアップを楽しんでいた。またもう一つの特徴は、ブランドから提供されたバッグや衣装をまとう、全身ワンブランドコーディネートのインフルエンサーが多かったことだ。ブランドによっては、自身の私服で来場する業界関係者の方が少ないようなところもあった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら