ファッション

「エンダースキーマ」 × 「トッズ」のイベントがミラノで開催 柏崎デザイナーが参加

 「トッズ(TOD’S)」は、柏崎亮デザイナーが手掛ける東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」とコラボレーションしたカプセルコレクションの発表を兼ねたイベントを、ミラノ・ファッション・ウイーク初日の22日に現地で開催した。アイテムの披露とカクテルイベントを老舗セレクトショップ、ディエチコルソコモ(10 CORSO COMO以下、コルソコモ)で実施し、イベントでは日本から1人で渡伊した柏崎デザイナーがプレスや一般客からの質問に自ら説明した。

 カプセルコレクションは、“TOD’S”のTとDを入れ替えた“DOT’S”と題し、ドットのデザインがクリエーションの起点だという。「トッズ」が選んだという会場のコルソコモでも、ドットをロゴやインスタレーションに取り入れており、コレクションの世界観と統一させた。

 柏崎デザイナーは、パンデミックが起こる直前の2019年11月に「トッズ」のファクトリーを訪れたという。「ファクトリーは美術館みたいに美しく飾られた空間だった。いい環境で製品を作ることを大切にするという精神が、物にも影響していると思う。職人はいわゆる堅物な感じではなく、ラテン気質な明るい人ばかりで、『トッズ』のクラフトマンシップのポジティブな未来を感じた」と柏崎デザイナーは振り返る。さらに「献身的に物づくりに取り組む老舗と協業でき、今日このように発表できてうれしい」と続けた。イタリアには1週間ほど滞在し、「時間に余裕があるので観光も楽しみたい」。「トッズ」と「エンダースキーマ 」のカプセルコレクションは、9月28日から国内販売開始予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら