ビューティ

藤田ニコルが「ファッショニスタ」のイメージモデルに就任 プロデュースカラコン開発プロジェクトも始動

 フリューは、オリジナルカラーコンタクトブランド「ファッショニスタ(FASHIONISTA)」の新イメージモデルに藤田ニコルを起用した。

 同ブランドのコンセプトは、“ファッションのように、瞳も気分次第で着替える”。さまざまなファッションテイストを切り口に、こだわりのドット配置と絶妙なニュアンスカラーで、透き通るような発色を実現したシアー系カラコン全7種類(各税込1760円)を展開している。

 藤田ニコルはTVや雑誌、SNSなど幅広く活躍し、“ファッショニスタ”として注目を集めていることからイメージモデル就任に至った。新ビジュアルでは「ファッショニスタ」のレンズデザインに合わせ、それぞれテイストの異なる4種類のスタイリングを披露している。

 さらに今回のイメージモデル就任に合わせて、本格的なプロデュースカラコン開発プロジェクトの始動も決定した。一連の取り組みについて、本人は「『ファッショニスタ』のカラーコンタクトは、自然と瞳に馴染みやすく、こなれた印象になれるカラーが多いので、私も毎日使っているほどお気に入り!それと、今回フリューさんと一緒に、プロデュースのカラーコンタクトを作ることになりました!今本当に付けたいもの、みんなが欲しいものを心掛けて作れたらいいなと思っているので、これから楽しみにしていてください」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら