ビューティ

「カキモトアームズ 銀座店」が19年ぶり大リニューアル AIを活用したポータブル手洗い機を設置

 ヘアサロン「カキモトアームズ(kakimoto arms)銀座店」は、2002年に同サロンの銀座初進出店としてオープンして以来の大リニューアルを実施。3カ月の工事期間を経て、9月16日にリニューアルオープンした。

 世界的パンデミックを経験し外出もままならない中、「ご来店いただいたお客さまに安心してくつろいで頂きたい」という思いから、コンセプトはイタリア語で“家”を意味する“CASA”に設定。光をふんだんに取り込んだ解放感のある壁一面の窓、区画を区切ったプライベート空間を確保できる席の配列、上質感のある内装素材など、各所にくつろぎの贅沢空間をかなえるための工夫を施している。

 エントランスには、AIを活用した自律分散型水循環システムを搭載したポータブル手洗い機を設置。フィルターの状態や供給する水質をセンサーで監視する仕組みを採用しており、
99.9999%以上不純物を除去したWHO(世界保健機関)の飲料水基準に準じた衛生的な水を供給する。

 さらに“手とスマホをいつでも綺麗に”というコンセプトのもと、スマートフォンのUV除菌機能も搭載しており、手を洗っている30秒間でスマホ表面についた菌の99.9%以上の除菌が可能。手洗い後の手をきれいな状態に保ちやすくする設計となっている。

 ヘアカラーに強い「カキモトアームズ」らしく、カットエリアのほか、ヘアカラー用のエリアも設置。ヘアとネイルを同時に施術できることが忙しい女性に人気だが、ネイルだけで来店した人にもゆったりとくつろいでもらえるように専用ネイルエリアも用意している。フルフラットシートがあるスパブースは香り、照明、音にこだわり、心からリラックスできる空間に仕上げた。マスク生活で需要が高まっているカラーエクステンションや、持続性抜群な新まつげエクステなどさまざまなメニューを取りそろえたアイブローシェイピング&アイラッシュスタイリングエリアにも注目だ。

 日常を彩るヘアスタイルやネイル、まつげや眉毛を通して、顧客の豊かなライフスタイルをデザインする“おしゃれな大人たち”のための銀座店を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら