ファッション

全3点で約1000万円 デンマーク発「ジョージ ジェンセン」からネンドがデザインしたシルバーの銀器が登場

 デンマーク発シルバーブランド「ジョージ ジェンセン(GEORG JENSEN)」からネンド(nendo)とコラボレーションした花器が登場する。ネンドを率いる佐藤オオキがデザインした花器の名前は“水器(mizuki)”。水を“溜める” “張る”“流れる”という3つの水の表情を有機的なラインで表現している。佐藤は、「『ジョージ ジェンセン』の歴史をたどった時、“自然”をモチーフにしたデザインが多いと気付いた。花や植物など具象もあれば抽象的で自然に存在する有機的造形もある。こういう点が自然と密接な日本文化と共通していると感じた」とコメント。

 異なるサイズの3種類の花器はスターリングシルバー製で、コペンハーゲンのアトリエで熟練職人が1枚の厚いシルバーの板を切り出し、ハンマーでたたいて成形。しなやかなラインを出すために全工程で溶解作業を繰り返し、念入りに研磨処理をして仕上げられる。これら全3種類の花器を完成させるのに400時間が必要だ。

 これらは、花器としてだけでなく、水やワイン用のカラフェとしても使用でき、オブジェとしても楽しむことができる。税込価格は、Sが187万円、Mが396万円、Lが418万円。11月1日に発売予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。