ニュース

中国進出で陥りやすい問題とは? 最新トピックスを実例から学ぶ全3回オンラインセミナー

 「WWDジャパン」はファッション&ビューティ業界向けの中国進出オンラインセミナーを、8月6日から全3回に渡って実施いたします。

 一言に中国進出と言っても、その手段は一般貿易、越境EC、免税出店などさまざまで、商品やブランドの広告宣伝手法も多岐に渡ります。また法改正や新制度、化粧品販売認可(NMPA、National Medical Products Administration)など課題も少なくありません。複雑な選択肢がある中で、今どのように中国に進出していくべきか、既に進出している企業はどのように対応していくべきなのでしょうか。成功事例だけでなく、陥りやすい失敗や、その解決・回避策まで理解を深めることが重要です。

 全3回のセミナーでは、中国本土での認知拡大において重要な役割を果たすソーシャルバイヤーや在日KOL(Key Opinion Leader)ら在日中国人を起用したプロモーション(第1回)、盛り上がりを見せる中国・海南島の離島免税とアフターコロナのインバウンド消費(第2回)、中国市場やそれぞれの販路に適した商品の開発から販売設計まで(第3回)、中国進出サポートを行う3社からそれぞれの視点で解説いただきます。


■「市場、消費者、規制の理解が肝 ー失敗しない中国進出」オンラインビジネスセミナー
【日時・受講内容】

<第2回>
8月20日(金)13:30~15:00
海南島を中心とする中国免税の今と未来
―トラベルリテールからアフターコロナのインバウンド需要予測まで

登壇者:山本挙(やまもと・けん)/エーランド株式会社 代表、臼井杏奈(うすい・あんな)/ライター・編集者

中国人旅行客が免税で買い物ができる中国・海南島の免税店。離島後のオンライン購入や年間購入金額の上限などの独自ルールや、急拡大による免税店の出店状況など、進出には多くの要所があります。海南島免税への進出サポートを手がけるエーランドが、ラグジュアリーからニッチなブランドまでの進出方法や最新状況、リピート購入の施策などを解説します。またこの回では講義に加え、対談形式でよりリアルな海南島免税および中国人の消費について、またアフターコロナのインバウンド、国外トラベルリテールの需要予測までをお話しします。

<第3回>  
8月27日(金)13:30~15:00
中国市場に適した商品の販売設計
―ビューティの成功事例から学ぶ商品開発とリスク回避

登壇者:秋山美雪(あきやま・みゆき)/CULTA株式会社 代表取締役 China Cosmetic Lab 主席研究員、粟田翔太(あわた・しょうた)/CULTA株式会社 CXO

中国進出においてはどういった商品をどこで売るか、複合的な判断が求められます。販路を先に決めてしまった、マーケットにフィットしない商品を販売するなど、進出方法の選択ミスによりブランドや商品の価値を毀損する可能性も。美容企業を中心に中国進出のサポートや商品開発のコンサルティングを手がけるカルタが、中国市場での販売を見込んだ商品の開発や最新の消費トレンド、既にある商品の販売設計において陥りやすい問題と、その課題を解決する視点を解説します。

※講義時間60分、質疑応答30分となります

【実施方法】
オンライン
※前日を目処に視聴用URLをお送りいたします。その際メールアドレスの受信設定にかかわらずご連絡しますことをご了承ください。
※講義終了後、一定期間のアーカイブ視聴をご案内いたします。

【受講料】
<一般価格>
全受講:33,000円/1名(税込)
選択受講:13,200円/1名(税込)

<スタンダードプラン(WWDJAPAN Weekly定期購読)利用者>※割引クーポンをご利用時
全受講:23,100円/1名(税込)
選択受講:9,240円/1名(税込)
※割引クーポンは、7月8日14時15分配信のメールマガジンにてご案内しています。

<ライトプラン利用者>※割引クーポンをご利用時
全受講:29,700円/1名(税込)
選択受講:11,880円/1名(税込)
※割引クーポンは、7月8日14時15分配信のメールマガジンにてご案内しています。


【注意事項】
※各コマの申み込み締め切りは開催日の前日正午までとなります。
※全受講、および第1回の申し込みは8月6日をもって終了いたしました。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら