紙面紹介

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

 6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力や水とどんな関わりがあるか、どう関われば環境に配慮しながら、同時に自分たちのビジネスを成長させられるのかを探ります。

 特集は連日のようにニュースで目にする"カーボンニュートラル"とは何なのかに始まり、再生可能エネルギーを導入している企業の実例、主な商業施設10社の再生可能エネルギー導入状況まとめ、発電と農業を両立するソーラーシェアリングの第一人者へのインタビューなどデータを交えてわかりやすく解説。水については、H&Mの担当者に聞くファションビジネスと水リスク、ウォーターレスビューティの製品開発やヘアサロンの節水対策などを扱います。

 中面ではファーストリテイリングの有明本部4階の大改装を詳細リポート。撮影スタジオやカスタマーセンター、仮想店舗などがどのような役割を果たしているのかを分析します。ビューティのヒットランキングは三越伊勢丹化粧品オンラインストア・ミーコとコスメキッチンの売れ筋トップ5を豊富な製品写真とともに紹介します。

COVER CREDIT
ILLUSTRATION:NANAMY

CONTENTS

FEATURE

  • 電力と水とファッションビジネス

FOCUS

  • ユニクロが撮影スタジオ内製化、何が変わった?

SERIES

  • HIT RANKING:三越伊勢丹化粧品オンラインストア・ミーコ「ボディー保湿ケアアイテム」TOP5/コスメキッチン「ボディー保湿ケアアイテム」TOP5
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.34 企業不祥事が起きたときにすべきこととは(崔 真淑/エコノミスト)
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.51 ファッションがタダになるとき(最終回・前編)

EDITOR’S LETTER

  • 「今もまだ、洋服買ってますか?」(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:水も電力も農業に結びつく!(向千鶴/編集統括、廣田悠子/コントリビューティング・エディター)

FASHION PATROL

  • ウワサの店に潜入取材!! 「スタンダードプロダクツ」その実力やいかに!?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら