ファッション

吉井添と「カンゴールリワード」がコラボ 描き下ろしイラストのTシャツ2種

 ライフスタイルブランドの「カンゴールリワード(KANGOL REWARD)」は6月7日、モデルでアーティストの吉井添とコラボレーションした商品を発売した。ブランドの公式オンラインストアで7月21日まで取り扱う。

 商品は吉井が描き下ろしたイラスト2種をのせた半袖Tシャツ(税込6372円)と長袖Tシャツ(同4212円)の2型。「見ざる聞かざる言わざる」をテーマに、少年と少女の対照的なモチーフを水彩タッチで描いた。吉井のイラストが商品化されるのは今回が初で、ロゴは吉井自身の名前を“441 10"と数字に当てているのもポイントだ。

 吉井は2001年11月生まれ。幼少期から絵を描き始め、高校は美術科に進学。コスプレの趣味も持ち、独学でメイクを学ぶ。19年にイマージュに所属し、メンズファッション誌「ゼム マガジン(Them magazine)」でモデルデビュー。21年2月に東京ガールズコレクションに初参加し、翌月には東京ファッション・ウイークの「サルバム(SULVAM)」21-22年秋冬コレクションに出演した。父はザ・イエロー・モンキーの吉井和哉。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら