ファッション

“一億人総デザイナー”を目指す サステナブルなモノ作りを支援するD2Cプラットフォーム、ワンオーが開発 

 PR事業などを手掛けるワンオーの“等しい価値で繋がる人たちが集まることを目的とする”プロジェクト「イコーランド(EQUALAND)」は、企業やデザイナー、個人に向けたサステナブルなモノ作りを支援するD2Cプラットフォームを立ち上げた。環境に配慮した素材の調達から、生産、販売、PR、ウェブサイトの構築までを担う。素材と生産は、長年多数のアパレルブランドの生産管理を経験し、素材の産地や工場に精通した坂田英一郎が担当し、同社のネットワークでの販売やPRもトータルでサポートする。まずは企業やデザイナーズブランドとの企画を進めていくが、2023〜25年までには個人が自由に洋服を作って販売することができるプラットフォームに発展させ、“一億人総デザイナー”となるサービスの提供を目指す。

 そのプラットフォームを活用した最初のブランド「イコーランド トラスト アンド インティメイト(EQUALAND -TRUST AND INTIMATE-、以下トラスト アンド インティメイト)」を21年春夏シーズンに始動する。クリエイティブ・ディレクターには、サザビーリーグのD2Cジュエリーブランド「アルティ―ダ ウード(ARTIDA OUD)」のディレクターとして知られる安部真理子を起用。オーガニックコットンをはじめ、無農薬のクワで育てた繭からできたシルク、オーガニックの飼料が与えられたヤギの毛を使ったカシミアなどの天然繊維を用いて、着心地にこだわった大人の日常着をユニセックスで提案する。

 「トラスト アンド インティメイト」のアイテムは乾燥機で使えるカシミアジャージーのワンピースやカーディガン、洗濯機で洗えるシルクジャージーのワンピースやTシャツ、オーガニックコットンのサーマルトップスやスカート、日本で織り上げた麻のトップスとボトムス、岡山で藍染めしたワンピースなど。藍染のほか染色は全て、特許を取得した草木染めの手法で天然染料90%以上を用いており、一部はコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース(SUNSHINE JUICE)」が出した果物や野菜の搾りかすを使って染色している。タグには、透明性を象徴する綿花生産者から技術者、デザイナーまでの自筆署名を印刷した“信用タグ”を付ける。価格は1万4000〜2万8000円。3月にオンラインで発売し、東京・渋谷の複合施設ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)に構える「イコーランド シブヤ(EQUALAND SHIBUYA)」でのポップアップストアや受注販売なども計画している。

 ワンオーの松井智則社長は「このプラットフォームで使用できる素材を、安部さんのデザインした服で十分楽しんでもらいたい。それを見て魅力的に感じた企業やデザイナーに『このプラットフォームを使いたい』とお声掛けいただけたら嬉しい。大量消費を目指すことなく、時代にあった程よい売り上げを探していきたい」と話した。

 「イコーランド」は19年8月、“ファッションの信用”をテーマにしたD2Cモデルのブランドとしてスタート。ラグジュアリーブランドの残糸・残反を使った上質なウエアを生産し、生産工程の透明性を発信してきた。翌年ミヤシタパークに小売りとプレスルーム、コミュニティースペースなどを融合した店舗を出店。立ち上げ当初からD2Cプラットフォームの開発を始め、20年には屋上緑化事業などを手掛ける東邦レオの作業着や雨具の生産を担当。現在、大手アパレル企業と22年春夏商品の取り組みも進めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら