ファッション

パリの大型素材見本市、2月展を100%オンライン開催へ

 パリの大型素材見本市「プルミエール・ヴィジョン(PREMIERE VISION以下、PV)」は2022年春夏向けの21年2月展を100%オンラインで開催すると発表した。会期は2月15~19日の1週間。リアルイベントの再開は2021年後半になると予想されており、世界規模での衛生的制約が引き続くとされているため。
 
 19年9月展は当初リアル展とデジタル展の両方を予定していたが、リアル展の開催を見送っていた。オンライン展には1675社が出展し、4万3000点を超える素材を掲載。約120か国から1万9500人が来場し、オンラインセミナープログラムには4000人以上が参加した。

 ジル・ラスボルド(Gilles Lasbordes)=ゼネラルマネージャーは 「ワクチンの到来により、再開の見通しが立ち始めているように見受けられる一方、衛生危機後の厳しい経済の結果が少しずつ姿を現している。しかしながら、この衛生危機は、ファッション市場向けに新たなビジネスの機会を生み出し、促進させた。デジタルテクノロジーの広範囲にわたる採用と、アパレルブランドが顧客との関係を維持し、パーソナライズし、彼らの購入プロセスを手助けする、新サービスの実現により、ファッション業界のデジタルトランスフォーメーションは、次の段階に入っている。消費行動も変化した。国産であることや『メード・イン』に代表されるように、エコレスポンシブル、透明性、トレーサビリティーが、これまでになく消費者たちの期待の中核を担っている。この進展は、アパレルブランドやサプライヤーたちにとって、新しいノウハウを開発し、そのサービスを刷新し、ファッションソーシングの発展に合わせる好機でもある。リアルイベント再開までの間、このデジタルイベントは、バイヤー、クリエイティブチーム、決裁者、サプライヤーといった、業界の全てのプレイヤーたちが集まり、相互に作用し、活動することを可能にする」とコメントを発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら