紙面紹介

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

 「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)のセレクト企業6社を取材しました。

 例外なく、各社コロナの影響は受けていますが、下を向いている人は誰もおらず、むしろ未来を見据えていてとてもポジティブ。各社に「今、必要なことは何ですか?」と問うと、さまざまな施策やアイデアが飛び出してきました。オンラインとオフラインどちらが良い悪いではなく、これからはオンラインとオフラインに3Dを加えて、それぞれの価値を使い分けていく共存の時代です。表紙のキーワードにも掲げた「仮想現実の世界で買い物」や「他社のビジネスをプロデュース」「売れるスナップ投稿のコツ」「海外デザイナーがリモート接客」「キャンプ場×EC」「郊外型店舗に人が集まる理由」など、不謹慎かも知れませんが、”なんだかワクワクする”セレクトショップならではのユニークなアイデアは、新しい時代のファッションビジネスのヒントになるはずです。

 また、小泉進次郎環境大臣のロングインタビューも見逃せません。ファッション業界では“サステナビリティ”が声高に叫ばれる昨今ですが、真のサステナには政治の協力が不可欠です。今のままじゃダメだ――小泉環境大臣の発言の真相は?是非本紙でお読みください。

 さらに、8月24日号からスタートした月1回の大型連載「サステナビリティ特集」は「素材選び」について。なぜ素材選びが大切で、今どんな素材に注目が集まっているのかを4ページに渡って紹介しています。

 新連載の「ビューティーブランドの販売員が手掛けます!ファッション販売員の”キレイ道”を極める」は、ファッション販売員と美容スタッフがお互いの仕事のこと、接客スタイルのこと、そしてそれぞれのコーディネートとメイクの悩みをざっくばらんに語り合います。初回はオンワード樫山の「ICB」と「アディクション」の販売員が登場。必読です。

COVER CREDIT
GRAPHIC DESIGN : RIE KIMOTO(HARKEN)

<訂正>P.6ユナイテッドアローズ記事中の「GRL」は、正しくは「GLR」でした。

CONTENTS

FEATURE

  • 新しいアイデアであふれる! セレクトショップの現在地

EDITOR’S VIEW

  • 小売業は、社会のプラットフォームになれる

FOCUS

  • 小泉環境大臣がファッション産業に提言 今のままじゃダメだ、世界の土俵で発言を
  • アリババ、リシュモン、ケリング創業家から合計1200億円を調達、株価も沸騰 ファーフェッチ、ウルトラC携帯の裏側

SERIES

  • 新連載:ファッション販売員の“キレイ道”を極める:Vol.1 ICB×アディクション
  • Beauty Insight:Vol.11 米国で政治マーケティングが 加速する背景と、大統領選後の見通し
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.26 政治がファッションになる時(後編)
  • リシュモン ジャパン三木社長の熱血ファッション塾:13時限目 2年かけて育て上げるリシュモンの新卒教育 新人は新人ならではの役割を

FASHION PATROL

  • 注目コラボで誕生した「ハッピーミキバーグ」 リンドバーグ、スピルバーグに次ぐ、神バーグ誕生?

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら