ファッション

多才な19歳・池田エライザの意外な素顔

 池田エライザは「キャンキャン(CanCam)」の専属モデルやグラビア、テレビ・映画出演などの多才な顔を持つ他、SNSで数十万人のフォロワーをかかえる注目のインフルエンサーだ。18歳でクラウドファウンディングを企画し、雑誌を出版するなど、大人顔負けの行動力には目を見張る。まもなく20歳を迎える彼女が日頃何を感じ、今後の展望をどう考えているのか。撮影中のスタジオでインタビューを実施した。

WWD:今日の撮影はどんな内容か?

池田エライザ(以下、池田):今季のブランドアンバサダーを務める「アディダス ネオ(ADIDAS NEO)」のクリスマスムービーです。クリスマスパーティーをテーマに、にぎやかな撮影をしました。

WWD:撮影で心がけていることは?

池田:現場の空気を読むこと。とはいっても、まわりに気を使うのではなく、カメラの前でモデルとして何をすべきか、しっかり考えるようにしています。

WWD:スポーティーを取り入れたファッションは女性に人気か?

池田:スニーカーを合わせるスポーティーなスタイルが10代女性に断トツで人気だと思います。「アディダス ネオ」はカジュアルだけど、モードっぽさもある。スポーティーな機能性もありつつ、外でも着ることができるほど、オシャレなんです。

WWD:普段はどういった服装をする?

池田:カジュアルテイストでもヒールを履いたり、女性らしい洋服にライダースを合わせたり、どこかスパイスを足すことを心がけています。女の子から見てかっこいいと思われるマニッシュなコーディネートが好きですね。

次ページ: 本が好き!意外な昔からの夢▶

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。