ニュース

ビームスが“スポーツの日”に新ウェブメディア「ビームス スポーツ」をスタート

 ビームスは“スポーツの日”の9月8日、ウェブメディア「ビームス スポーツ(BEAMS SPORTS)」を立ち上げた。ヒト・モノ・コトを通して“ワタシにとってのスポーツ”を紹介していく。

 コンテンツは主に3つ。1つ目の「BE ATHLETE」は、アスリートが紡ぎ出すファッションストーリーを描く。初回はコンテンポラリーダンサーの柿崎麻莉子を迎え、「解放するココロとカラダ、結びつくファッション。」と題して、柿崎がビームスの洋服をまとう。

 2つ目はスポーツに夢中なビームススタッフの日常を伝える「STAFF EYE」。初回はフルマラソンで2時間49分1秒の自己記録を持つビームス開発事業本部の牧野英明と、サーフィンの虜になった「ピルグリム サーフ+サプライ(PILGRIM SURF+SUPPLY)」のスタッフ、岡村宝が登場する。

 そして3つめの「WE MAKE CULTURE」は、“カルチャーのパワーで、スポーツをもっとおしゃれに”をモットーに、スポーツと音楽、映画、食などを絡めながらファションとスポーツの魅力を伝える。今回はスタッフの日常にあるスポーツとの関係性やファッションモデルのNBAプレーオフにちなんだ熱い思い出を特集する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら