ファッション

ビームスが“スポーツの日”に新ウェブメディア「ビームス スポーツ」をスタート

 ビームスは“スポーツの日”の9月8日、ウェブメディア「ビームス スポーツ(BEAMS SPORTS)」を立ち上げた。ヒト・モノ・コトを通して“ワタシにとってのスポーツ”を紹介していく。

 コンテンツは主に3つ。1つ目の「BE ATHLETE」は、アスリートが紡ぎ出すファッションストーリーを描く。初回はコンテンポラリーダンサーの柿崎麻莉子を迎え、「解放するココロとカラダ、結びつくファッション。」と題して、柿崎がビームスの洋服をまとう。

 2つ目はスポーツに夢中なビームススタッフの日常を伝える「STAFF EYE」。初回はフルマラソンで2時間49分1秒の自己記録を持つビームス開発事業本部の牧野英明と、サーフィンの虜になった「ピルグリム サーフ+サプライ(PILGRIM SURF+SUPPLY)」のスタッフ、岡村宝が登場する。

 そして3つめの「WE MAKE CULTURE」は、“カルチャーのパワーで、スポーツをもっとおしゃれに”をモットーに、スポーツと音楽、映画、食などを絡めながらファションとスポーツの魅力を伝える。今回はスタッフの日常にあるスポーツとの関係性やファッションモデルのNBAプレーオフにちなんだ熱い思い出を特集する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら