ファッション

ビームスが“スポーツの日”に新ウェブメディア「ビームス スポーツ」をスタート

 ビームスは“スポーツの日”の9月8日、ウェブメディア「ビームス スポーツ(BEAMS SPORTS)」を立ち上げた。ヒト・モノ・コトを通して“ワタシにとってのスポーツ”を紹介していく。

 コンテンツは主に3つ。1つ目の「BE ATHLETE」は、アスリートが紡ぎ出すファッションストーリーを描く。初回はコンテンポラリーダンサーの柿崎麻莉子を迎え、「解放するココロとカラダ、結びつくファッション。」と題して、柿崎がビームスの洋服をまとう。

 2つ目はスポーツに夢中なビームススタッフの日常を伝える「STAFF EYE」。初回はフルマラソンで2時間49分1秒の自己記録を持つビームス開発事業本部の牧野英明と、サーフィンの虜になった「ピルグリム サーフ+サプライ(PILGRIM SURF+SUPPLY)」のスタッフ、岡村宝が登場する。

 そして3つめの「WE MAKE CULTURE」は、“カルチャーのパワーで、スポーツをもっとおしゃれに”をモットーに、スポーツと音楽、映画、食などを絡めながらファションとスポーツの魅力を伝える。今回はスタッフの日常にあるスポーツとの関係性やファッションモデルのNBAプレーオフにちなんだ熱い思い出を特集する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら