ファッション

ビームスがアントニオ猪木の60周年をお祝い プロレス好きブランドとのコラボ商品を発売

 ビームスは元プロレスラーのアントニオ猪木のリングデビュー60周年を記念し、新宿にあるビームス ジャパン4階のトーキョー カルチャー by ビームス(TOKYO CULTUART by BEAMS)でポップアップコーナー「猪木ジャパン!」を開いている。期間は9月16日まで。

 同コーナーでは、プロレス好きで知られるブランド「タコマフジレコード(TACOMA FUJI RECORDS)」や「モブスタイル(MOBSTYLES)」「パンクドランカーズ(PUNK DRUNKERS)」「ウェイプミュージック(WAYP MUSIC)」などとのコラボ商品も販売中だ。また、東京スポーツ新聞社の協力の下、「東スポ」で保管されているアーカイブの中から厳選された貴重な写真の展示も会期中に行う予定だ。

 商品は同展のほか、「ビームス」の公式ウェブストアでも取り扱っている。アントニオ猪木の技である“コブラツイスト”と描かれたTシャツや、トレードマークの赤タオルを肩から掛けたかのようにデザインされたTシャツ(いずれも4950円、税込)などをラインアップする。

 アントニオ猪木は1943年2月20日生まれ、神奈川県横浜市出身。60年にブラジルで力道山にスカウトされ、プロレスデビューした。76年に日本武道館でプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ(Muhammad Ali)と異種格闘技戦を行うなど、注目を集めてきた。98 年に現役を引退している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。