ファッション

合繊大手のセーレンが抗ウイルスの高性能マスク、キュプラを使って接触冷感も

 合繊大手のセーレンは抗ウイルスや冷感、快適性などの機能を持つ布マスク「バイラス(BYERUS)」を発売する。17日から自社のオンラインショップで先行予約の受付を開始し、7月下旬から順次配送していく。

 セーレンはテキスタイルとアパレルのデジタル生産システム「ビスコテックス」や高機能ポリエステル糸の開発、カーシートファブリックなどを手がける大手繊維メーカー。「バイラス」は表側に3Dメッシュのテキスタイル、内側には抗ウイルス加工を施した交換式のフィルター、肌側にはキュプラなどを使い接触冷感を持つ3Dメッシュ生地を使っている。抗ウイルス性能はインフルエンサやネコカリシウイルスを99%不活性化するもの。価格は1枚で、交換式の抗ウイルスフィルター5枚セットがつき990円。別売りで交換フィルター30枚セットも990円で販売する。マスクは生産能力は月間1万枚のため、自社サイトのみで取り扱う。セーレンは今後、マスクを皮切りに、この抗ウイルス加工「バイラス」をカーシートや介護用品などにも拡大する考え。

 繊維大手では小松マテーレも高い開発力を生かした高性能の抗ウイルスの布マスクを6月から販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら