ビジネス

高島屋大阪店、日本橋高島屋S.C.、高島屋横浜店など8店が再開 18日から

 高島屋は5月18日から、高島屋大阪店、日本橋高島屋S.C.、高島屋横浜店、タカシマヤタイムズスクエア(東京都渋谷区)など首都圏・大阪の8店の営業範囲を拡大すると発表した。それぞれ衣料品や靴、バッグ、リビング雑貨などを扱うフロアを“生活必需品”の範疇として再開するが、特選や呉服・宝飾・美術、化粧品などは休業を継続する。

 対象店舗は、そのほか高島屋堺店(大阪府)、高島屋泉北店(同)、高島屋港南台店(神奈川県)、高島屋大宮店(埼玉県)。4月7日の「緊急事態宣言」の発効以降は食品フロアのみ営業してきた。

 18日時点では、取引先の判断で休業を継続する売り場はあるものの、それぞれ全館の6~9割程度が再開することになるという。感染防止策として、店内アルコール消毒の強化、飛沫感染防止シートの設置、混雑時の入店制限などを実施する。

 高島屋はすでに玉川高島屋S・C(東京都)、立川高島屋S.C.(同)、柏高島屋ステーションモール(千葉県)を5月14日に再開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら