ビューティ

欧州で広がるクリーンビューティトレンド、注目の新興ブランドは? 海外ビューティ通信パリ編

有料会員限定記事

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、7都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。

 2月24日〜3月3日に行われたパリ・ファッション・ウイークに合わせて、5日間にわたってクリーンビューティに特化した展示会「パリ・クリーンビューティ・ウイーク」が開催され、ニッチでクオリティーの高いコスメブランドが紹介された。同展示会を主催するMUSE & HEROINE(ミューズ & ヘロイン)は、世界各国のクリーンビューティブランドを取り扱う輸入販売代理店としてパリとミラノにオフィスを構え、ヨーロッパの約800の小売店と取引がある。ドイツ人のジャニン・クニジア創業者はパリやミラノで13年間にわたりファッション業界で働いた後、NYへ渡り栄養学を学び、帰国後の2018年に同社を立ち上げた。展示会を開催するのは5回目となる。今回登場したブランドのいくつかを紹介する。(本文中の円換算レート:1ユーロ=118円。この記事はWWDビューティ2020年4月2日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1272⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥50

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら