ビューティ

中村トメ吉氏のヘアサロン「ゴールド」が4月12日まで休業を発表 苦難続く美容室

 新型コロナウイルスの拡散防止のため、美容師の中村トメ吉氏が代表を務めるヘアサロン「ゴールド(GOALD)」渋谷店は、4月6~12日の臨時休業を発表した。発表の中で中村氏は、「お客さまとスタッフの安全を第一に考え、自ら『緊急事態宣言』を出し、仲間の健康と命を守ることを優先します」とコメント。現在同サロンには感染者は出ていない。

 新型コロナ対策として、都内を中心に週末の臨時休業を発表する美容室も増えている。「カキモトアームズ(kakimoto arms)」や「シマ(SHIMA)」「ヘブンス(HEAVENS)」「シャチュー(SHACHU)」などは12日までの土日の休業を発表。「アピッシュ(apish)」も12日の臨時休業を発表している。また都内の多くのサロンで平日の時間短縮営業も発表されている。

 東京・表参道や渋谷の美容室では、3月25日の小池都知事の外出自粛要請後、お客の数はかなり減っているという。美容室経営者の中からは、「こういった事態だから休業した方がいいとは思うが、スタッフの給料や家賃などのことを考えると踏み切れない。かといって、新型コロナ対策はしっかりとしているので、安心だから来てくださいとも言いにくい。決まったガイドラインがないので、それぞれの美容室が判断するしかない。本当に厳しい状況で耐えるしかない」と苦しい胸の内が聞かれたが、“緊急事態宣言”が出されたら、美容室も休業に踏み切るしかない。美容室経営者の苦難は続く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら