ファッション

世界で唯一のエコ染色を開発 坂本デニムの挑戦

有料会員限定記事

 デニムウエアの生産は環境負荷が高いと指摘されることが多く、さまざまな企業が環境負荷の軽減に取り組んでいる。デニムの染色加工技術で一目置かれている坂本デニムもその一社で、同社は約2年前に高温水も薬剤も使わない独自の染色法を開発した。エドウィンが19年9月に刷新した定番“503”にもその技術が用いられている。(この記事はWWDジャパン2020年3月23日号からの抜粋です)

 坂本デニムがエコ染色の開発に本格的に乗り出したのはオーガニックコットン製のデニムが増えてきた2011年。「環境に優しい素材を用いても、染色の工程で必ず薬品まみれになる。染色においても環境に配慮した方法でできないかと考えた」と坂本量一社長は振り返る。また「薬品や重油の価格の高騰にも拍車がかかっていた」ことも背中を押した。

STEP1 ボイラーを交換

この続きを読むには…
残り1028⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら