ファッション

グローバルで戦え、国内で優位に立てる筋道 外国籍の雇用がもたらすものとは

有料会員限定記事

 現在、日本は少子高齢化により人材不足が叫ばれている。内閣府によると労働力人口は2030年に5683万人、60年には3795万人へと減少するという。こういった問題を少しでも解決しようと、19年4月には新たな在留資格である「特定技能」が新設。ビューティやファッション業界は対象外だが、人手不足がより深刻な介護、建設など14業種が対象となっている。一方、ビューティやファッション業界で外国籍雇用が進んでいるかというと、まだまだこれから。その大きな理由として、企業側の受け入れ体制が整っていないことがある。そこで、理工系に特化した女性外国籍求職者向け職業支援サービスを行うキャリアフライの大野理恵CEOに取材し、外国籍雇用が進んでいるIT業界の現状、外国人を雇用するメリットなどについて話を聞いた。(この記事はWWDビューティ2020年2月27日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り2041⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。