ニュース

国外不出の英アイウエア「キュービッツ」のポップアップイベントをブリンクベースで開催

 荒岡眼鏡が運営する東京・青山のアイウエア専門店「ブリンク ベース」は、イギリスのアイウエアブランド「キュービッツ(CUBITTS)」のポップアップイベント「ヒナマツリ」を3月3日から15日まで開催する。同ブランドのポップアップイベントは、昨年8月に続いて2度目。今回はウィメンズモデルが多く初日がひな祭りにあたることから、イベント名を「ヒナマツリ」とした。

 「キュービッツ」は、トム・ブロートン(Tom Broughton)が、ロンドンのキングスクロス駅などの設計で知られる建築家ルイス・キュービット(Lewis Cubitt)の手法や思想に影響を受けて2012年に設立し、それがブランド名の由来ともなっている。アセテート素材が多く、伝統的な製法でフレームに埋め込まれたバタフライ(蝶々)型の金属のリベット(留め具)が特徴で、ルイス・キュービットがかつてキングスクロス駅の構造の強度を高めるために考案した金属部品を模したものだ。34モデルあり、価格は2万6000円から。現在ロンドンに10店舗の直営店を構え、通常、輸出や卸は行っていない。

 荒岡俊行「ブリンク ベース」店主は、「ロンドンでは、ここ数年でアイウエアの人気が再燃しており、その流れを作ったのは、視力測定レベルの高さと購入後の修理体制がしっかりしている『キュービッツ』の存在が大きいと思う。高級ブランド志向ではなく、自分のスタイルをしっかりと持っていて、自分の審美眼でモノを選ぶ方に『キュービッツ』をおすすめしたい」と話した。

 会期中の3月8日が「国際女性デー」ということもあり、同イベントのイメージモデルに女優の野村麻純、ブラジリアン柔術家の湯浅麗歌子、インテリアデザイナーの吉田裕美佳の女性を起用した。3人はサイトやSNSを通して情報を発信する。

■ヒナマツリ(HINAMATSURI)
日程:3月3〜15日
時間:平日12:00〜20:00、土日11:00~20:00
会期中の休業日:3月9日
場所:ブリンク ベース
住所:東京都港区北青山3-5-16 1階