ファッション

2020-21年秋冬NYコレのストリートスナップから見るリアルトレンド カラフルなミニバッグで春夏の気分を先取り

 ニューヨークでは2月7〜12日、2020-21年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイークが開催され、「WWDジャパン」はショーやプレゼンテーション会場に来場するインフルエンサーやエディター、バイヤーら業界人の私服をチェック!

 ニューヨークは連日氷点下を下回る気温でかなり寒く、皆ロングコートやジャケットに身を包んで忙しいファッションウイークを乗り切っている様子。エレガントトレンドが浮上する中でクラシックな色合いのコートやジャケットを選ぶ人が多く、アクセントとしてバッグやアクセサリーで色を取り入れる人が続々と登場した。バッグのサイズは引き続きミニサイズが圧倒的な人気を得ているが、一時話題になったペンダントサイズのマイクロバッグは今回はあまり登場していない印象。実用性かつデザインを考えると、やはりミニサイズが一番支持されるようだ。トレンドに合わせ、かっちりしたクラシックなスタイルのハンドバッグを選ぶ人も多かった。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら