スナップ

2020-21年秋冬NYコレのストリートスナップから見るリアルトレンド カラフルなミニバッグで春夏の気分を先取り

 ニューヨークでは2月7〜12日、2020-21年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイークが開催され、「WWDジャパン」はショーやプレゼンテーション会場に来場するインフルエンサーやエディター、バイヤーら業界人の私服をチェック!

 ニューヨークは連日氷点下を下回る気温でかなり寒く、皆ロングコートやジャケットに身を包んで忙しいファッションウイークを乗り切っている様子。エレガントトレンドが浮上する中でクラシックな色合いのコートやジャケットを選ぶ人が多く、アクセントとしてバッグやアクセサリーで色を取り入れる人が続々と登場した。バッグのサイズは引き続きミニサイズが圧倒的な人気を得ているが、一時話題になったペンダントサイズのマイクロバッグは今回はあまり登場していない印象。実用性かつデザインを考えると、やはりミニサイズが一番支持されるようだ。トレンドに合わせ、かっちりしたクラシックなスタイルのハンドバッグを選ぶ人も多かった。