フォーカス

動物モチーフとロープ使いに注目 「ヴァレンティノ」2020年春夏バッグ&シューズ

 潔い白のルックで幕を開けた「ヴァレンティノ(VALENTINO)」2020年春夏コレクションは、目の覚めるようなネオンカラー、そして、架空のジャングルとそこにすむ動物を描いたカラフルなプリントや象眼がポイントになった。普遍的なアイテムにクチュールの技術を取り入れたデザインやボリュームのあるシルエットが印象的なウエアに合わせたアクセサリーにも取り入れられている。

 バッグで目を引いたのは、ロープとフリンジが特徴の新作シリーズの“ロープ”。白、黒、タンなどでトートやフラップバッグ、クラッチなどを提案する。そこに繊細な刺しゅうでジャングルと動物たちが描かれたアイテムはインパクト満点だ。また、2020年プレ・スプリング・コレクションでデビューした大きなVロゴがインパクトを放つ“スーパー VEE”もバリエーション豊かにラインアップ。本体と同色で控えめにVロゴがあしらわれた“Vスリング”には、マイクロミニサイズが新たに加わった。素材では、ラフィアを用いたバッグも充実。“スーパー VEE”や、“ロックスタッズ スパイク”のほか、ざっくりとしたトートも打ち出す。素朴になりがちな素材をエレガントかつ洗練された印象に仕上げているのは、「ヴァレンティノ」ならではだ。

 足元は、クチュール級のドレススタイルに気負わない雰囲気を添えるフラットなサンダルが中心。バッグ同様のレザーロープをアッパーとソールに用いた“ロープ”シリーズや同色のレザーとロックスタッズを組み合わせたデザインをさまざまな色で提案する。ストラップを足首に巻きつけるスタイルが印象的だ。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。