ニュース

「コレス」が美肌菌に着目した新シリーズ発売

 香水の輸入および製造・販売を展開するフィッツコーポレーションは、輸入・販売を手掛けるギリシャ発オーガニックスキンケアブランド「コレス(KORESS)」の新シリーズ第1弾として、ヨーグルトを使ったフェイスマスクを3月7日に発売する。価格は100mLで5900円。ロフトやハンズなどのバラエティーショップを中心に販売するほか、伊勢丹新宿本店ビューティアポセカリーとイセタンミラーの一部の店舗では2月26日から先行販売する。今後、同シリーズから6月にクレンジングとフェイスクリームを、秋にセラムの発売を予定する。

 ヨーグルトのシリーズは、「主力商品の“ワイルドローズ”シリーズに並ぶ重要なスキンケアシリーズ」(伊藤裕子フィッツコーポレーション マーケティング部 ブランドマネージャー 兼 企画営業マネージャー)と位置づけ、スキンケア領域で昨今研究が進む皮膚の常在菌に着目して開発。古来ギリシャで伝統的な美容法に取り入れられてきたヨーグルトを、最新の科学技術を使ってフェイスマスクに高配合した。またミネラルを多く含む海水や海藻エキスのほか、植物性保湿成分や肌を鎮静する成分を取り入れた。美肌菌のバランスを整えることで、肌のバリア機能を高めながら保湿やトーンアップが期待できる。ブランドとして初めて、大気汚染から肌を守るアンチポリューション設計のエビデンス(科学的検証結果)も取得した。

 「コレス」は2018年に株式の70%をモルガン・スタンレー・プライベート・エクイティ・アジア(Morgan Stanley Private Equity Asia)と中国の化粧品会社Profex incに4830万ユーロ(約65億円)で譲渡。中国をはじめ国際市場における成長とブランド強化を進めている。日本ではフィッツコーポレーションが、マス向けの香水以外でブランドポートフォリオを強化する目的で05年から取り扱っている。