紙面紹介

ビューティ業界のリーダー27人が未来を語る 2020年に掲げる経営指針

 「WWDビューティ」1月16日号は毎年恒例の社長特集です。今回もビューティ業界をリードする27人の代表に、2019年の振り返りと20年のビジョン、新たな取り組みなどを幅広くインタビューしました。ジュローム・ブリュア(Jerome Bruhat)日本ロレアル社長、魚谷雅彦・資生堂社長兼最高経営責任者(CEO)など、そうそうたる企業のトップが登場しています。ニュース面では1月10日にオープンした「アットコスメストア」初の旗艦店「アットコスメトーキョー」をピックアップ。“ネットとリアルの融合”をテーマにしたさまざまなビューティ体験について取材しました。

 社長インタビューで各社の取り組みを聞く中で多く聞かれたのが、化粧品に欠かせなかったプラスチック容器を環境に配慮した原料に変更したり、生産や輸送時に生じる二酸化炭素の排出量を削減するなどのサステナビリティ活動の強化です。また、グローバル化や多様化するニーズに対応するための研究所の新設・拡張、人工知能(AI)を活用したビューティテックの拡大、ブランドの世界観を伝えるための旗艦店の出店が多く見られたことにも注目です。

 ニュース面では、「アットコスメトーキョー」のほか、ブランドを刷新し2シリーズを展開するアルビオンのトータルケアブランド「イグニス(IGNIS)」、約50億円の資金調達を行ったヘルステック「フィンク(FINC)」、リニューアルにより売り場面積が約4倍になった阪急うめだ本店の化粧品売り場、外的要因から肌を守る「ジバンシイ(GIVENCHY)」の新作ファンデ、「オルラーヌ(ORLANE)」から登場した“時を消すクリーム”の進化系クリームなどを紹介しています。

COVER CREDIT
PHOTO:KAZUMA TAKIGAWA / SHUNICHI ODA / KAZUSHI TOYOTA / KAZUO YOSHIDA / YUKIHIRO YOSHIKAWA(18)

CONTENTS

IN FOCUS

  • 2020年企業戦略 サステナ、ビューティテックなど取り組みの成果が問われる

NEWS

  • アイスタイル旗艦店が示す新ビューティ体験
  • 「イグニス」がブランド刷新で2シリーズ展開へ
  • 創業者の溝口勇児CEOは退任 ヘルステック「フィンク」が約50億円の資金調達
  • 阪急うめだ本店の化粧品売り場面積が約4倍に
  • ファンケルグループが製品企画から品質管理まで受託する新会社を設立
  • 外的要因から肌を守る「ジバンシイ」の新作ファンデ
  • 小林製薬が2020年春の新製品を発表 新たなニーズ開拓で初年度売り上げ21億円目指す
  • 「オルラーヌ」から“時を消すクリーム”の進化系クリームを発売
  • 「エトヴォス」が敏感肌向けシリーズにBBクリームとミストセラム投入

TOPICS FASHION

  • 「セシルマクビー」を大胆にリブランディング、今こそ“等身大”に商機

HIT RANKING

  • 松屋銀座「クリーム」TOP5
  • QVC「2019年11月ビューティアイテム」TOP5

編集部が選ぶ新製品情報

  • 使ううちに肌荒れをケアし敏感肌にも安心な「ディー プログラム(D PROGRAM)」のメイク落とし「エッセンスイン クレンジングオイル」、チョコレートの香りを楽しみながらメイクができる「トゥー フェイスド(TOO FACED)」のアイブロウペンシル「チョコ ブロウ アイブロウ ペンシル」など注目の新製品を紹介。

WEEKLY SCHEDULE

  • 1/16~1/22