フォーカス

地球最強ファイバーをめぐる昆虫バトル勃発

有料会員限定記事

 “地球最強のファイバー”の称号をめぐる、虫たちの熱いバトルが勃発している。これまで自然界最強ファイバーの名をほしいままにしてきたクモの糸に、繊維商社が祖業で「キューピーコーワゴールド」で知られる興和と農林水産省管轄の研究機関、農業・食品産業技術総合研究機構(以下、農研機構)が「ミノムシの糸が、タフネスなどのあらゆる面でクモの糸を上回っていることを発見した」と待ったをかけたのだ。美しい絹糸を吐き出すカイコ(蚕)を筆頭に、虫の糸は人類の歴史を彩ってきたが、現代では石油を原料とする化学繊維の登場でその存在はほぼ無視されるほど小さくなっていた。なぜ今、虫なのか。そして自然界最強ファイバーの称号を得るのは何か。この虫バトルには、改造人間「仮面ライダー」のごとき最新の遺伝子工学を駆使した人工合成クモの糸も参戦。サステイナビリティーなどの現代社会の新しい潮流も絡み合いながら、人類の歴史に新たな物語を紡ごうとしている。(この記事はWWDジャパン2019年7月22日号からの抜粋です)

 興和と農研機構は昨年12月、これまで困難とされていた一本の長い糸をミノムシから採取する基本技術を確立し、特許を出願したと発表した。興和の広報担当者によると「ミノムシの糸はこれまで自然界で最強の繊維といわれてきたクモの糸を、弾性率、強度、タフネスの全てにおいて上回った」という。重さあたりのタフネスが鋼鉄の340倍にも達するクモ糸が自然界の最強ファイバーである、というのは多くの研究者たちの間で長らく定説だった。興和と農研機構はミノムシから糸を採取する技術と共に、人工繁殖による大量飼育法も確立。両者は衣服や工業用途での実用化に向けた研究もスタートしている。

この続きを読むには…
残り1360⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む