ファッション

ホンダから子どもの交通安全を守るトートバッグ登場 東京・青山で無料配布

 本田技研工業は、子どもの交通安全を守ることを目的としたトートバッグ“まもってトート”を制作した。秋の全国交通安全運動の初日となる9月21日にホンダウェルカムプラザ青山にて100点限定で無料配布するほか、特設サイトで配布申込受け付けを開始する。

 “まもってトート”はドライバーが暗闇で光る警察官の制服を見ると減速する心理に着目し、警察官の制服をモチーフに車のライトが当たると光る反射材を使用した。

 同社は“Safety for Everyone”をスローガンに掲げ、車の開発だけでなくさまざまな視点で交通安全を推進する。今回は歩行中の交通事故死傷者数のうち7歳が突出して多いことと、一年の中でも夕暮れが早くなる10月に増加する傾向をもとに同アイテムを考案した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら