紙面紹介

好循環を生み出す「働き方改革」

 「WWDビューティ」9月5日号は、「働き方改革」特集です。ビューティ業界はもちろんのこと、異業種企業の「働き方改革」を取り上げ、各社の取り組みや成功事例を探ります。女性社員が多いビューティ業界はさまざまな制度を取り入れていますが、社員の働きやすさのほか、持続的に成長していくために必要な取り組みについて取材。ユニークな制度を取り入れている異業種企業の成功事例についても聞きました。

 社員が生産性を上げ柔軟に働くためには、ITインフラやオフィス環境の整備、人員の確保など、枠組みを作ると同時に行うべきことが多数ありますが、各社が声をそろえて語るのは、「優秀な人材を確保する」ことを目的としていること。また、改革が持つ意味を周知し、理解を得るための取り組みも必要です。それと同時に、現場のスタッフも会社任せにせず、一人一人が意識改革を行って効率を上げる必要があります。

 特集では、改めて「働き方改革」法案の8つのポイントをまとめつつ、テレワークや子連れ出勤、コワーキングといった時代に寄り添うさまざまな働き方や、有給休暇取得率や男性の育児休暇取得率向上のための各社の取り組みを取材。「働きやすさ」と職場満足度を高める各社のユニークな制度・取り組みもあわせて紹介しています。

 ニュース面では、イオンとウエルシアホールディングスが共同出資会社を設立し、日本で独占販売するフランスのナチュラルコスメブランド「イヴ・ロシェ(YVES ROCHER)」を取り上げたほか、「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」から発売される新フレグランス、売上高1.5兆円を突破し好調が続くエスティ ローダー カンパニーズの2019年度6月期決算を解説しています。

 そのほか、今年に入り出店が加速するフリーランス美容師向けのシェアサロン「ゴウトゥデイ シェア サロン(GO TODAY SHAiRE SALON)」の代表、大庭邦彦氏と取締役の大池基生氏のインタビュー、花王「エスト(EST)」から登場する高付加価値ライン、MTGが展開する「リファ(REFA)」が発売するドライヤー、「キールズ(KIEHL’S)」が行う環境保護やより良い未来の創造を目的としたミッション“MADE BETTER(メイド ベター)”のイベントの様子を掲載しています。

訂正:「WWDビューティ」9月5日号カバーオンカバーの「ゲラン」記事内で、「『レソンシエル』SPF20・PA++」は誤りで、正しくは「『レソンシエル』SPF20・PA+++」でした。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 体制・意識を変えて結果をだす、働き方改革のヒント

NEWS

  • イオンとウエルシアHDが共同出資会社設立 仏ナチュラルコスメ「イヴ・ロシェ」日本初上陸
  • 「YSL」が新フレグランスを発売
  • エスティ ローダー2019年度も絶好調 売上高1.5兆円を突破
  • 2022年9月までに100店舗を目指す シェアサロンが2.6憶円の資金調達
  • 花王の「エスト」から高付加価値ライン誕生
  • 資生堂がオープンイノベーションプログラムを本格稼働
  • MTG「リファ」から初のドライヤーが登場
  • 「キールズ」が日本の森林再生プロジェクトに注力
  • 「バイオプログラミング」直営店オープン
  • ヤーマン「メディリフト」に目元用が登場

TOPICS FASHION

  • 「東横店閉店」から反転攻勢への準備

SERIES

  • いつものメンツで井戸端会議 VOL. 23 福家みのり グレースモード代表兼CEO×尾崎美紀 ディネットCEO×藤井香那 トリコCEO

HIT RANKING

  • 丸井今井札幌本店「美容液」TOP5
  • コスメキッチン 日本橋高島屋S.C店「人気のスキンケア」TOP5

編集部が選ぶ新製品情報

  • 再生医療を応用して誕生した「オバジ(OBAGI)」のエイジングベースケア「オバジX リフトローション」、目にも鮮やかな「ティービー アンド ムービー(TV&MOVIE)」のリップオイル「グラマーリップオイル」など注目の新商品を紹介。

BEAUTY PATROL

  • お尻の健康やウエルネスについて啓蒙 全米のお尻好きよ集まれ!お尻コンベンションがNYで開催
  • 「オールインヌードル」を編集部員がアレンジ!
  • 主力美容液のリニューアル発売イベントに潜入
  • インスタのキャンペーンは“疑似”系がはやり!?

WEEKLY SCHEDULE

  • 9/5~9/11

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら