ニュース

アデランスから初のコスメが誕生 髪だけでなくトータルで美をサポート

 アデランスは、同社初のコスメシリーズ「ビューステージ コスメティック(BEAU STAGE COSMETICS)」を、9月4日から全国のアデランスやレディスアデランスの店舗、ECサイト「ビューステージ」で発売する。

 同社は髪の専門家として、髪の悩みを抱えている顧客をサポートしてきた。その経験やノウハウを毛髪だけではなくスキンケアやスカルプケアなどトータルビューティのサポートに生かすため、2016年4月に先端美容をテーマにした「ビューステージ」ブランドを立ち上げ、美容機器の開発・販売などを行ってきた。成長する化粧品市場を背景に、今回化粧品カテゴリーに参入する。

 「夏の紫外線によるダメージを受けて、肌のつかれを感じやすい初秋に発売を決めた。ターゲット層は30~60代の大人の女性。シワ、シミ、たるみ、乾燥といった年を重ねるごとに現れる変化が気になる女性に使用してもらいたい。毎日使うものなので、大人の“ゆらぎ肌”に配慮し、肌への負担が少ない最大9つのフリー(合成香料フリー、合成着色料フリー、パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリー、オイルフリー、石油系界面活性剤フリー、合成酸化防止剤フリー、紫外線吸収剤フリー)となっている」と広報担当者はコメントする。

 今回発売する「ビューステージ コスメティック」は、スキンケア商品5アイテム(マスク、ハリ対策美容液、ブライトニング美容液、まつげ用美容液、ボディージェル)、メイクアップ商品3アイテム(フェイスパウダー、美容液マスカラ2種)の全8アイテムで展開。マスクが5枚入りで1万3200円、肌のハリ対策美容液が1万2000円、フェイスパウダーが6000円など、価格帯は3500~1万5000円となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら