紙面紹介

今年のデニム特集は、ジーンズ誕生の地アメリカ西海岸を取材!

 「WWDジャパン」8月5&12日合併号は、デニム特集です。今年はジーンズの生まれ故郷であり、作業着からファッションへ生まれ変わった地でもあるアメリカ西海岸を取材しました。3年連続増収と好調な米リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS)のサンフランシスコ本社や、ベトナムの縫製・加工工場サイテックス(SAITEX)が2019年に設立したサイテックスUSAを訪れました。

 デニム特集の目的は、アメリカ西海岸で2つの“源流”を追うこと。1つ目はジーンズの最初の1滴を絞り出す研究・開発施設で、リーバイ・ストラウスの「ユーレカ・イノベーションラボ」と、ファーストリテイリングがロサンゼルスで運営する「ジーンズイノベーションセンター」を取材しました。2つ目は多くのラグジュアリーブランドもサンプリングするビンテージジーンズの存在です。4人のスペシャリストにインタビューしました。

 デニム特集は、アメリカ西海岸取材のみならず!日本国内の各セレクトショップがこの秋売ろうとしている1本について聞いたり、ミラノで開催された国際見本市「デニム プルミエール ビジョン(DENIM PREMIERE VISION)」を深掘りします。ファスナーメーカーのYKKやデニム生地メーカーのカイハラが描くジーンズの未来像にも迫ります。

 ニュース面では、余剰在庫を買い取って低価格で販売する“オフプライスストア”事業へのワールドの参入を取り上げます。さらに「コーチ(COACH)」復活劇の立役者、ジョシュア・シュルマン(Joshua Schulman)社長兼最高経営責任者にインタビューを敢行。「アディダス(ADIDAS)」の“3本ライン”商標取り消し問題については、法律専門家の意見を踏まえて検証します。

 連載ページも大充実!「ファッションロー相談所」では「#KuToo」問題を取り上げ、「イエリデザインプロダクツ元社長」の壮絶人生は第10回。手塚浩二元社長がファッション業界を離れて抱いた疑念とは?「『ディオール(DIOR)』メゾンコード研究」では“ジャディオール”パンプスをフィーチャーします。ファッションパトロールは、「ナンバーナイン(NUMBER NINE)」がほれたインフルエンサーKEIに話を聞きます。

<訂正>8月5日号P.27レイ ビームスの記事に誤りがありました。「ナナサーカ」とあるのは、正しくは「ナナナナサーカ」でした。

CONTENTS

IN FOCUS

  • デニム特集2019 FINDING DENIM 次なるトレンドを発祥の地アメリカで探す

EDITOR’S VIEW

  • ラグジュアリー × 飲食の新展開

NEWS

  • 日本にもオフプライスストアの波
  • 「コーチ」復活劇、本国社長に直撃
  • 「Qoo10でヤフーにも勝つ」
  • アディダスのビジネスに与える影響とは
  • 「ソニア リキエル」清算 ニットの女王、買い手がつかず
  • 三陽商会が相次ぎ新事業「発信力」で黒字に王手

SERIES

  • ファッションロー相談所:「#KuToo」問題をファッションローの観点から考える
  • 倒産&がんを乗り越えた元社長の回顧録:業界を離れて抱いた疑念
  • DIORメゾンコード研究:“ジャディオール”パンプス
  • ファッション業界人物列伝:BRUSH代表取締役会長 秋山恵倭子 第6話

FASHION PATROL

  • 「ナンバーナイン」が惚れた無敵のインフルエンサーKEI

WEEKLY SCHEDULE

  • 8月5日〜8月18日