フォーカス

「今度はお店で買えるの?」 ファッションフリークOL「WWDジャパン」最新号につぶやく

 1992年生まれのファッションフリーク女子が、今週のファッション週刊紙「WWDジャパン」気になったニュースを要約してお届け。渋谷のファッションベンチャー企業に勤める等身大OL、Azuのリアルな目線を生かした「このニュースからはコレが見える」という切り口で、様々な記事につぶやきを添えます。

今日のニュース「楽天が東コレの冠スポンサーへ」

読み解きポイント:「今度は“みんなを”売ってくれる?」

ニュースの要点

 6シーズンにわたって冠スポンサーを務めたアマゾン ファッションに代わり、楽天が東コレの冠スポンサーになるかもしれない。すでに日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)と話し合いを進めているよう。大手を中心に1100以上のショップが揃う「楽天ブランドアベニュー」は、ここ数年絶好調。東コレの冠スポンサーになることで、ファッションに強い企業のイメージをつけることが狙いか?

Azuはこう読む!

 学生時代から東コレを追っかけ、気がつけばストーカー歴早6年。メルセデス・ベンツ(MERCEDES_BENZ)、アマゾンときて「次はグーグル(GOOGLE)では!?」と勝手に予想していたのですが、見事に外れました……。グーグルは東コレのメーン会場、渋谷ヒカリエのご近所、渋谷ストリームに入居するし「Google Pixelでランウエイ撮っちゃおうキャンペーン」とか良いのでは!?という、超超安直な考えです(笑)。スタートアップ支援の取り組み「Google for Startups Campus」も開設予定だし、ベンチャーに身を置くものとしては小売なり生産なりデータ解析なり、イケてるスタートアップと若手ブランドが協業したら面白いのかもと思ったり。そもそもグーグルが、ファッション的なイメージを必要としているかはわかりませんが(笑)。

 アマゾンがスポンサーになったと発表された時は「参加ブランドの洋服がECで買えるのね!」と思ったのですが、結果はご存知の通り。「楽天ブランドアベニュー」で好調な楽天さんには、ぜひ出店の門戸を広げていただきたい。プラットフォームはどうであれ、より多くの参加ブランドにBtoCの施策を打つ機会を提供していただきたいなと思っています。

 消費者の立場からすると、「コレクションにでました」「どこどこに掲載されました」なんてただの補足情報でしかなく、買える場所がなければショーやルックを見て感じた熱も冷めてしまいます。SNSで東コレの発信をしていると「どこで買えますか?」と聞かれて返答に困ることが多々あるので、シンプルに「買えるファッションウイーク」が見てみたい!

Azu Satoh : 1992年生まれ。早稲田大学在学中に渡仏し、たまたま見たパリコレに衝撃を受けファッション業界を志す。セレクトショップで販売職を経験した後、2015年からファッションベンチャー企業スタイラーに参画。現在はデジタルマーケティング担当としてSNS運用などを行う。越境レディのためのSNSメディア「ROBE」(@robetokyo)を主催。趣味は、東京の可愛い若手ブランドを勝手に広めること。ご意見等はSNSまでお願いします。Twitter : @azunne