紙面紹介

2019-20年秋冬リアルトレンド UAやユニクロなど有力45業態の新作商品を紹介

 6月17日号の「WWDジャパン」は2019-20年秋冬のリアルトレンド特集です。セレクトショップ、ファッションビル、ショッピングセンター、百貨店などに向けたファッション企業28社45業態の展示会をリポート。ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)をはじめ、「ユニクロ(UNIQLO)」「アナイ(ANAYI)」「フレイ アイディー(FRAY I.D)」などのイチ押しアイテムから、消費増税の対策まで各ブランドの傾向を紹介します。

 リアルトレンド特集では、19-20年秋冬に台頭する5つのトレンドキーワードを紹介するほか、注目業態のマーチャンダイザー(MD)による座談会を開催。「マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)」「スナイデル(SNIDEL)」「フリークス ストア(FREAK’S STORE)」のMDに、昨年の反省点から今年の商品開発まで語ってもらいました。
 
 2020年プレ・スプリング・コレクション詳報では、世界各地で発表されたコレクションにフォーカス。モロッコ・マラケシュで披露した「ディオール(DIOR)」やベルリンで開催した「マックスマーラ(MAXMARA)」、ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港内のTWAフライトセンターで行った「ルイ・ヴィトン」など、各ブランドがシーズンメッセージをしっかりと表現できる土地で新作を見せました。

 ニュース面では、9月20日にオープン予定の大丸心斎橋本館の最新情報を紹介。ギンザ シックスのノウハウを生かし、約6割が定期賃借契約(定借)によるテナントを入れる同館のフロア構成やテナント一覧も掲載しています。J.フロント リテイリングの山本良一社長のインタビューも必読です。また20年春夏メンズ・ファッション・ウイークに先駆けて他国でランウエイショーを開催した「プラダ(PRADA)」(上海)と「サンローラン(SAINT LAURENT)」(ロサンゼルス)のビジネス戦略も取り上げています。

 裏表紙の人気コーナー「ファッションパトロール」には、株式会社ふんどし部が登場。日本の伝統的な下着であるふんどしで、世界に挑む同社の活動を、東京大学大学院出身の星野雄三代表(通称・ふんどしマン)に直撃取材。創業の経緯や現在の事業について、ふんどし一丁で語ってもらいました。

CONTENTS

IN FOCUS

  • この秋、売れるもの

EDITOR’S VIEW

  • “ニッポンの仕事着”に変革の波

NEWS

  • 大丸心斎橋店本館 定借6割の勝算
  • メンズコレで続く“脱パリ・ミラノ”の狙い
  • 青山商事が「アメリカンイーグル」事業から撤退へ
  • インフルエンサーを駆使する米ECが新規上場
  • アディダスがブランド不問で回収 不要品から新たなアパレル製造へ
  • ルックHDが伊「イルビゾンテ」を約109億円で買収
  • 世界を巡る“クルーズ”ショーがますます盛んに

SERIES

  • インスタグラム全盛期を攻略せよ:トレンドのハッシュタグってどう見つけるの?
  • ミステリーショッパーが行く!:日本橋高島屋S.C.
  • 倒産&がんを乗り越えた元社長の回顧録 第3回 突然のがん宣告
  • ファッション業界人物列伝:トリンプ・インターナショナル・ジャパン元社長 吉越浩一郎 第15話

FASHION PATROL

  • この世からパンツを駆逐 東大発ふんどし企業の挑戦

WEEKLY SCHEDULE

  • 6月17~23日