ファッション

「アディダス オリジナルス」からレトロフューチャーな新作スニーカー“オズウィーゴ”が登場

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は5月18日、レトロフューチャーなたたずまいの新作スニーカー“オズウィーゴ(OZWEEGO)”を発売する。価格は1万3000円で、ブランド公式サイトやドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、アンディフィーテッド(UNDEFEATED)、ミタスニーカーズ(mita sneakers)などで取り扱う。

 “オズウィーゴ”は1998年に「アディダス」から発売された“トルション オズウィーゴ 3(TORSION OZWEEGO 3)”をサンプリングし、「アディダス オリジナルス」がアップデート。ロゴを3本線のパフォーマンスロゴからトレフォイルロゴへと変更し、ヒールからシューレースシステムにかけてはネオングリーンのビニールパイプを走らせたりと、現代風なデザインへと仕上げた。しかしながら、ミッドソールには当時のモデルに採用されていた衝撃吸収クッション材“アディプリーン(adiPRENE)”を用いるなど、随所に過去のデザインも見られる1足となっている。

 なおラッパーのプシャ・T(Pusha T)は、自身のインスタグラムにコラボ“オズウィーゴ”と思われる1足の画像を投稿をし、今夏の発売を示唆。その後、同モデルを着用して音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2019(Coachella Valley Music and Arts Festival)」に出演していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら