ファッション

「アディダス オリジナルス」からレトロフューチャーな新作スニーカー“オズウィーゴ”が登場

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は5月18日、レトロフューチャーなたたずまいの新作スニーカー“オズウィーゴ(OZWEEGO)”を発売する。価格は1万3000円で、ブランド公式サイトやドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、アンディフィーテッド(UNDEFEATED)、ミタスニーカーズ(mita sneakers)などで取り扱う。

 “オズウィーゴ”は1998年に「アディダス」から発売された“トルション オズウィーゴ 3(TORSION OZWEEGO 3)”をサンプリングし、「アディダス オリジナルス」がアップデート。ロゴを3本線のパフォーマンスロゴからトレフォイルロゴへと変更し、ヒールからシューレースシステムにかけてはネオングリーンのビニールパイプを走らせたりと、現代風なデザインへと仕上げた。しかしながら、ミッドソールには当時のモデルに採用されていた衝撃吸収クッション材“アディプリーン(adiPRENE)”を用いるなど、随所に過去のデザインも見られる1足となっている。

 なおラッパーのプシャ・T(Pusha T)は、自身のインスタグラムにコラボ“オズウィーゴ”と思われる1足の画像を投稿をし、今夏の発売を示唆。その後、同モデルを着用して音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2019(Coachella Valley Music and Arts Festival)」に出演していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。