ファッション

UAなどが試着シェアアプリ「フィットム」スタート

 戦略コンサルティング会社のシグマクシスとユナイテッドアローズ、博報堂DYメディアパートナーズの3社合弁会社フィットムは5月9日、試着画像のシェアアプリ「フィットム(fitom)」のサービスをスタートした。

 「フィットム」で気になる商品を見つけたら、その商品の試着画像をリクエスト。実店舗を利用するユーザーが、店頭で商品のタグをスキャンすると、該当商品のリクエスト数に応じたインセンティブが表示される。その商品を試着し、撮影、アプリから試着画像をシェアすることでインセンティブを獲得できるというもの。また、自分の試着画像に対し、「いいね」の共感が得られる。

 試着をリクエストしたユーザーにとっては、ほかのユーザーや販売スタッフのリアルな試着を見ることができ、商品のサイズ感やシルエットなどを確認してからネットで購入できるというメリットがある。

 参加ブランドにとっては、ネットでの購買喚起に加え、来店喚起、販売促進が期待できる。これまで1対1が基本の接客スタイルだったが、試着の画像をシェアすることで、接客の効果が広がることになる。さらに、試着リクエスト数や試着画像の回数など、これまで数値化されていなかった側面から商品の人気度を把握することでMDや売り場作りに活用が可能になる。

 スタート時のブランドは、ユナイテッドアローズの全17ブランド(ドゥロワーDRAWER除く)が参加。今後は、他社のブランドの導入も視野に入れる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら