ファッション

【平成プレイバック】 野沢道生が振り返る「カリスマ美容師」

 “カリスマ美容師”という言葉が登場したのは、テレビ番組「シザーズリーグ」(フジテレビ系列)の放送が始まった1999年くらいから。美容師が連日のようにメディアに取り上げられていた当時と今とを比べると、大きく変わったように思われがちだが、実はわれわれが行っていることは大して変わっていない。お客さまのライフスタイルにマッチしたヘアデザインを提供し、ハッピーな気持ちになってもらうことが柱で、それは一貫してきたと思う。ただSNSの登場により、“カリスマ”の定義が変わってきたことは確か。“カリスマ”であることの条件に“フォロワー数の多さ”や“発信力の高さ”が加わり、最近ではややそちらの方に重きが置かれる傾向がある。しかし“時代は巡る”ものであるので、令和時代にはまた“技術重視”に傾き、“技術力”と“発信力”のバランスのとれた“カリスマ”が増えるのではないだろうか。

野沢道生・「ミチオノザワヘアーサロン ギンザ(Michio Nozawa HAIR SALON Ginza)」「アワヘアー(awa hair)」代表:独自の美容理論で、流行のヘアスタイルを次々と生み出してきた“似合わせの達人”。モデル、タレント、著名人などからも幅広い支持を集める。現在はサロンワークのみならず、オリジナルヘアケア商品の開発やテレビ出演、ヘアショー、セミナーなどで日本が誇る美容技術を世界に発信し続けている

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら