フォーカス

「アーペーセー」現役スタッフが手掛ける異色の仏ストリートブランド「ロイヤルズ オンリー」

 パリ発のストリートブランド「ロイヤルズ オンリー(LOYALS ONLY)」は4月14日まで、セレクトショップのスーパーAマーケット(SUPER A MARKET)ニュウマン新宿店でポップアップストアを開催中だ。6日の13~15時にはデザイナーのロメイン・ボッシュ・アンドレス(Romain Bosch Andres)も来店する。

 「ロイヤルズ オンリー」は2015年にスタート。インパクトのあるグラフィックを施したカットソーやフーディーを中心に、年に1度新作を発表している。同ブランドを手掛けるロメインは、パリの「アーペーセー(A.P.C.)」でショップスタッフとして働く29歳。「グラフィックが好きで、13~18歳ごろまでグラフィティーを描いていた。ストリートウエアの市場はパリではまだまだ小さく、欲しい服がなかった。自分で描いたグラフィックをTシャツにプリントして、世界観を表現できたら面白いと思ったんだ」とブランド設立の理由を説明する。

 ブランド名は、スケートやサーフカルチャーに焦点を当てた米映画「ロード・オブ・ドッグタウン」内に出てくる看板の“ロコ・オンリー(地元人のみ)”という文字が由来だ。「身の回りのコミュニティーのみんなを他と差別化できるものにしたかった」と語る。コミュニティーは徐々に広がり、2019-20年秋冬シーズンにはパリメンズでランウエイショーを行う「アンドレア・クルーズ(ANDREA CREWS)」とコラボレーションしたキャップを制作した。

 アイテムを全てハンドプリントしていることも同ブランドの特徴だ。「ブランドを始めたころ、資金力がないということもあってグラフィックを自分でプリントしていたが、結果的には新作の実験など、自由なアイテム制作が可能になった」と語る。

 グラフィックがメインのストリートブランドは現在、アメリカ・ロサンゼルスを中心に数多く誕生しており、群雄割拠の様相を呈している。そんな中での「ロイヤルズ オンリー」の持ち味はフランス流に解釈したアメリカンカルチャーを、グラフィックに落としこんでいる点だ。「フランス人なら誰もが知っているものや、自分がパリで撮った写真からインスピレーションを受け、デザインをしている。フランス人でないと完全に理解するのは難しいかもしれないが(笑)、純粋な“パリジャン”のストリートブランドだ」。

 今後は「ブランドの認知を上げ、販路を拡大したい」と語る。「彼女や友人などにはじまり、一緒に仕事をしたスタイリストなど、自分の身の回りからブランドのコミュニティーが徐々に広がってきた。いつかはシューズメーカーやシューズデザイナーとコラボし、自分の大好きなスニーカーを手掛けてみたい」。